用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【キーピッチ】

 キーボードの、キー(ボタン)とキーの間隔のこと。

 キーボードの周辺部分には大きなキーもある。そのため、必ずしも同じ間隔で並んでいるわけではない。そこで通常は、文字入力に使う真ん中あたりのキーの間隔をキーピッチといっている。もちろん隙間の幅ではなく、キーの中央と隣のキーの中央の距離だ。あるいは、左端と左端の距離でも同じこと。

 デスクトップパソコンに付属している一般的なキーボードだと、キーピッチが19ミリになっていることが多い。

 ノートパソコンの場合、大柄なオールインワン型だと19ミリだけど、小柄なモバイルノートだともっと狭くなっている。特に小さいものだと、13ミリ程度のこともある。その上、あまり使わない周辺部のキーを小さくして、さらにキーピッチを狭くしていることも多い。

 手の大きさや慣れにもよるけど、一般的にはキーピッチが小さいと使いにくい。13ミリ程度だと、ブラインドタッチも困難だ。しかし15~17ミリ程度だと、慣れれば19ミリより使いやすいという人もいる。

 ノートパソコンを買うときは、事前によくキーピッチを確認したい。キーを押したときの深さ(ストローク)や重さ(反発力)などもさまざまで、好みが分かれるところ。パソコン店などで実際に触ってみるといい。

きの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top