用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ガラスマ】

  • ガラパゴス・スマートフォン

 ガラパゴスは、東太平洋上に浮かぶガラパゴス諸島のこと。スマートフォンは、多機能化した携帯電話端末(電話機)のことだ。

 大陸から離れたガラパゴス諸島には、独自に進化した動物がたくさん生息している。同じように、世界市場から隔離された市場で独自の進化を遂げたスマートフォンをガラパゴス・スマートフォン、略してガラスマという。

 実際には、世界市場から隔離された市場とは日本のことで、ガラパゴス・スマートフォンとは事実上、日本独自の機能を搭載したスマートフォンを指す。また、このように限られた市場で独自の進化を遂げること自体を、ガラパゴス化とかガラパゴス現象ということがある。

 スマートフォンが主流になる前、日本では多機能な携帯電話端末が普及していた。そして、たとえばワンセグ放送、電子マネー、赤外線通信によるデータ交換といった機能が当たり前のように付いていた。

 しかし、こうした機能の多くは日本独自のもので、海外では使えない、あるいは普及していないものだった。そのため、こうした多機能電話機はガラパゴス・ケータイと呼ばれていた。

 日本でスマートフォンが普及し始めたころは、世界標準といわれる製品が主流だった。つまり、日本独自のワンセグ、電子マネー、赤外線通信などは搭載されていなかった。そのために、スマートフォンへの乗り換えを躊躇した人も多いと思われる。

 しかしその後、こうした日本独自機能を搭載したスマートフォンが発売されるようになってきた。そして、こうした機種がガラパゴス・スマートフォンと呼ばれるようになった。

 世界標準の機能を持った端末は、大きな市場で大量かつ安価に供給される。こうした機種には、日本のガラパゴス・スマートフォンほど多様な機能はないものの、仕様の標準化などで多くの国で販売できる、さまざまな国で使えるというメリットがある。

 一方、ガラパゴス化した日本のスマートフォンは、海外では多くの機能が使えない、だから日本でしか売れない、そして値段が高いということになる。これらを一概に悪いはいえないものの、世界標準から外れることを危惧する声もある。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top