用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【カンマ区切り】

  • CSV形式
  • SYLK形式
  • タブ区切り

 どれも、表計算ソフトやデータベースソフトのデータを保存するときの形式のひとつ。

 もちろん普通は、そのデータを作成したソフトの標準形式で保存すればいい。しかし、データを他のソフトに移したいとか、他のパソコンに移したいというときは、まず上記の形式で保存して、移す先のソフトで読み込むことがある。

 上記のうち、CSV形式とカンマ区切りは同じもの。そして、この形式が最もよく使われる。CSV形式は、Comma Separated Value format の略。

 表計算ソフトなら各セル(枠)に書き込まれた項目や数字を、データベースソフトなら各項目(フィールド)を、「,」(カンマ)で区切ったテキストファイルにする。試しにカンマ区切りで保存したデータをワープロソフトで開いてみると、ダラダラと項目が並んだ文書になっているのが分かる。

 タブ区切りは、カンマの代わりにタブを使って区切ったもの。SYLK形式だと、各項目や数字に何番目のセルに書き込まれていたデータか示す符号が付く。最近は、SYLK形式が使われるケースは少ない。ちなみにSYLKは、SYmbolic Link format の略。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top