用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【カスケード接続】

 複数のハブを、階層的に接続すること。

 ハブというのは、10BASE-Tなどの方式でLANを組むときに使う集線装置。各パソコンから伸びてきたLANケーブルを相互接続するための機器だ。小さなものだと、カセットテープくらいの大きさで接続口が4つか5つ。大きなものだと、何百もの接続口があって機能も複雑になる。

 もうひとつ最近は、USBハブも普及してきた。USBはパソコンに周辺機器を接続するための規格で、たくさんの機器を使いたい場合は、やはりハブと呼ばれる機器を介して接続できる。

 どちらのハブも接続口の数は決まっている。接続口が4つのハブには最大4台の機器しか接続できないし、8つだったら8台までだ。ところが、LANに接続されるパソコンや、USB対応の周辺機器はだんだん増えてくる。

 で、接続口が足りなくなったらどうするか。現在使っているハブに、別のハブを継ぎ足してあげればいい。このように複数のハブを順繰りに接続していくことをカスケード接続という。カスケード接続用の接続口をカスケードポートということもある。

 こんな感じになるんだけど、わかるかな?(等幅フォントで見てほしい)

 ■■■■■ 1台目
     |
     +-■■■■■ 2台目
           |
           +-■■■■■ 3台目

 もちろん、無限に接続できるわけではなくて、ハブの種類によって何階層まで接続できるか決まっている。

 ちなみに、カスケード(cascade)というのは何段かに分かれて流れ落ちる滝のこと。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top