用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【カスケーディング・スタイル・シート】

  • CSS

 CSS は、Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略で、ウェブページの見た目を整えるための規格。

 ウェブページ(いわゆるホームページ)は、HTML と呼ばれるプログラム言語のようなもので作られている。でも HTML は、文書(ページ)の構造を定義するのが主な目的だ。

 そこで、ウェブページの中の文字の色や大きさ、太さ、行間といった見た目を指定する方法を CSS として別に定めることにした。

 そして、CSS を HTML の文書の中に埋め込んだり、別に CSS を用意して必要に応じて呼び出すことで、簡単かつ効果的にウェブページの見た目を調整できるようになった。

 CSS は、ウェブサイトの仕様を決めている W3C という団体によって標準化された一般的なルールになっている。

 なお、上記の意味とはまったく別に、クロスサイトスクリプティングの略として CSS と書くことがある。でも、こっちは一般に XSS と書いて区別することが多い。

 なお、同じような目的で、主に XML文書の見た目を整える言語として XSL がある。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top