用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【オーバーレイ表示】

 パソコンの画面の一部に、映像などの画面を重ねて表示すること。

 最近は、テレビの映像やビデオ映像、インターネットを通じたテレビ放送などを表示できるパソコンが増えている。こうした映像は、フル画面(全画面)表示もできるけど、普通は画面の一部に小さな映像が出るようになっている。そして背景は、いつものパソコン画面のままだ。

 映像の画面はたいてい、大きくすることも小さくすることもできる。映像画面が大きければ背景は少ないし、小さければ背景の占める割合が多くなる。映像画面を小さくしたら、その部分だけ背景がなくなった、なんてことは起こらない。

 これは、背景の画面は背景の画面として描き続けられていて、それに重ねて映像の画面を表示しているからだ。このように重ねて表示することをオーバーレイという。

 パソコンの画面は動きが少ないので、背景の部分は止まっているような気がするかもしれない。しかし実際には、毎秒60回から100回くらい、常に描き換えられている。このあたりは、ディスプレイの技術的な話になるので、リフレッシュレートの説明を見てほしい。

おの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top