用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【オーエス】

  • OS
  • オペレーティング・システム
  • 基本ソフト

 どんなパソコンにも必ず入っている非常に大切なソフト。これがないと、ワープロソフトも表計算ソフトもブラウザー(ホームページ閲覧ソフト)も電子メールソフトもゲームソフトも動かない。

 いわゆるソフトには2種類あって、まずパソコンの基本的な使い勝手を決めるのが基本ソフト。そしてワープロソフトやゲームソフトは、アプリケーションソフトと呼ばれ、基本ソフトの上で動く。

 基本ソフトのことを英語では Operating System(オペレーティング・システム)という。これを略して OS(オーエス)ということが多い。

 現在、代表的な基本ソフトといえばウィンドウズと OS X(かつてのマックOS)のふたつ。他に、リナックスなどPCユニックスと呼ばれるものや、パソコンより上位のコンピュータで使う基本ソフトもある。さらに今は、iPhone などで使われている iOS 、多くのスマートフォンが採用しているアンドロイドなど携帯端末用の基本ソフトも普及している。

 通常、パソコンの電源を入れると最初に基本ソフトの画面が出る。しかし、基本ソフトの存在を意識することは少ないかもしれない。でも実は、画面に文字や絵が出るのは基本ソフトがあるから、また文書や画像を保存したり呼び出すときも基本ソフトの機能を使っている。

 天丼やカツ丼を思い浮かべて欲しい。ドンブリがパソコンだ。その中にご飯が入っている、これが基本ソフト。その上に天ぷらを載せれば天丼になるし、トンカツを載せればカツ丼になる。で、天ぷらやトンカツが、ワープロソフトやゲームソフトということになる。天ぷらやトンカツを食べながら、ご飯も食べているでしょ。

 かえって分かりにくくなったかな? とにかく基本ソフトは、どのパソコンにも必ず入っていて非常に重要な働きをしている。基本ソフトの機能で、そのパソコンの使い勝手が決まる。そして、それぞれの基本ソフトに対応したアプリケーションソフトしか使えない、といったことを覚えておこう。

おの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top