用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【オンラインヘルプ】

 パソコン(ソフト)に組み込まれていて、パソコンの画面で参照する操作説明などのこと。または、インターネットなどを通じて参照できる操作説明などのこと。

 従来、パソコンも、基本ソフトやアプリケーションソフトも、説明書は紙の冊子(マニュアル)だった。今も、最低限の冊子は付属している。しかし、細かな操作説明はオンラインヘルプになっていることが多い。

 まず、最近のパソコンは、スタートメニューなどにそのパソコンに合わせた説明画面を呼び出す項目が入っていることが多い。キーボードから、専用のボタンで同様の画面を呼び出せることもある。

 次に、ウィンドウズXP の場合は「スタート」ボタンから「ヘルプとサポート」を選ぶと「ヘルプとサポートセンター」という画面が開く。ここから知りたい項目を選んでいったり、検索したりすることができる。少し前のウィンドウズは、「スタート」ボタンから「ヘルプ」を選ぶとウィンドウズ自体のオンラインヘルプを使うことができる。

 一般のソフト(ウィンドウズ版)の場合は、上段のメニューの右端に「ヘルプ」という項目があるし、画面の上部に「ヘルプ」ボタン(アイコン)があるソフトも多い。

 マッキントッシュの場合は、完全には統一されてないものの、最近のソフトはやはり「ヘルプ」のメニューが付いているものが多い。マックOS自体のヘルプは、画面の背景をクリックすると画面上部のメニューに「ヘルプ」の項目が出る。

 インターネット版の場合は、メーカーが用意しているホームページを開くのだけど、簡単な操作でそのページを開けるように設定されているパソコンやソフトも多い。

おの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top