用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【オンザフライ書き込み】

 CD-Rにデータを書き込む方法を表す言葉。オンザフライは本来、On the fly と書く。

 CDというのは、データの書き込み方に制約が多くて、フロッピーディスクにファイルをコピーするようなわけにはいかない。そのためCD-Rも、通常は専用の書き込みソフト(ライティングソフト)を使って、一気に途切れずにデータを書き込む必要がある。

 そのため、あらかじめ書き込むデータ全体をハードディスクにまとめておいて一気に書き込むと失敗が少ない。つまり、まず最初にハードディスクの中にCD-Rに保存するのとまったく同じデータを作り、書き込むときはコピーするだけという状況にするわけだ。しかし、この方法だと、ハードディスクに最大でCD-Rと同じだけの空き容量が必要になる。

 これに対してオンザフライ書き込みだと、先に書き込むデータを指定しておけば、順次そのデータを呼び出して書き込んでいく。そのため、ハードディスクに空きが少なくても大丈夫だし、準備の時間も節約できる。

 ただし、パソコンの性能が低いとバッファ・アンダーランというエラーが起きる可能性が高い。CD-Rは書き換えができないので、失敗したディスク(メディア)は二度と使えない。

おの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top