用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【オア検索】

  • OR検索

 検索サイトなどで使える検索方法を表す言葉。

 たとえば、インターネットで「マイライン」について調べたいときは、好きな検索サイトを開いて、キーワード入力枠に「マイライン」と入力して「検索」ボタンを押せばいい。

 しかし、これだと膨大な検索結果が出てしまう。そこで普通は、複数のキーワードを使って絞り込む。あなたが ADSL を利用していて、マイラインと ADSL の関係について知りたいなら、キーワードの枠に「マイライン ADSL」と入力して検索すればいい。これをAND検索という。

 一方、「マイライン」あるいは「ADSL」のどちらかひとつでも含んでいるホームページをすべて見たい、なんてこともある。こうした指定も可能だ。そしてこれを、「マイライン」OR「ADSL」という意味で、OR検索と呼んでいる。

 OR検索の場合、指定方法は検索サイトによって多少異なる。しかし主要な検索サイトなら、ほぼ必ず指定できる。

 もちろん「マイライン」と「ADSL」でOR検索を行うと、ますます膨大な検索結果が出てしまう。しかし、特殊な用語、あるいは固有名詞などで検索するときはOR検索が有効だ。あるいは、「バイオリン」と「ヴァイオリン」のような表記のゆれ対策にも使える。

 このほか、*や( )などの記号を使って、複雑な検索条件を指定できる検索サイトもある。検索ボタンの脇に「さらに詳しく」とか「検索オプション」といった文字があるので、それをクリックすると指定方法が分かる。

おの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top