用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【エレクトロ・ルミネッセンス】

  • OEL
  • 有機EL

 新しい画面表示装置(ディスプレイやテレビ)として普及が期待されている技術。EL は、エレクトロ・ルミネッセンスの略で、本来は電気に反応して光る性質を持った素材や現象の総称。

 有機EL を英語では Organic Electro-Luminescence という。これを略して、OEL と表記することもある。

 この有機EL の技術を使った表示装置を有機ELパネル、パソコンなどのディスプレイにしたものを有機ELディスプレイ、テレビにしたものを有機ELテレビなどと呼んでいる。

 現在、パソコン、スマートフォン、携帯電話、デジタルカメラなどの表示装置は、ほぼすべて液晶パネル(LCD)を使っている。薄型テレビの画面もほとんど液晶だ。

 液晶は、それ自体は光らないので、裏側に光源や反射板を入れる必要がある。また今はかなり改善されたものの、反応速度が遅めで動画表示に難があるとか、斜めから見にくいという弱点があった。

 一方、有機ELの表示装置は、それ自体が光るため明るくコントラストが高い。裏側に光源を必要としないので、より薄くできる。反応速度が速いので、動画の表示にも向いている。

 有機EL は当初、携帯電話やデジタルカメラといった画面の小さな製品から採用が始まった。現在は大型の薄型テレビも登場している。なお、表示装置だけでなく、照明装置としての利用も期待されている。

えの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top