用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【エルジーピーエル】

  • LGPL

 フリーソフトを配布したり、使ったりするときのルールのひとつ。

 ソフトウェアには著作権があって、その権利を持っている人(通常は、そのソフトを作った人)以外は、勝手に配布したり、改変したりしてはいけない。これが普通だ。

 だけど、古くからコンピュータを使ってきた研究者の間には、ソフトウェアは公共的な財産、誰でも自由に使えるべきだという考え方もある。それを実践している活動のひとつが、GNU だ。

 GNU は、GPL という方針を打ち出している。これは、General Public License の略で、簡単にいうと、フリーソフトの著作権は手放さないけど、プログラムの内容は公開します。自由に使ってけっこうです。改変もしていいです。だけど、改変したプログラムも同じルールで無償公開してください。つまり、誰でも自由に使えるようにしてください、というもの。

 ただ、このルールを厳格に守ると、いろいろ厳しいケースが出てくる。そのひとつが、ライブラリと呼ばれる外部のプログラムを使った場合。ライブラリは、よく使う機能を独立したプログラムとして別に保存しておくもの。そして、その機能が必要なときだけ呼び出して使う。

 ライブラリに収録されているプログラムにも GPL のルールが適用できるならいいけど、そうでない場合もある。そんなときのために、ライブラリを使うときは、その部分だけ非公開のままでもいいです、と基準を緩めたのが LGPL だ。ただし、ライブラリ自体を改変したときは、やはり内容を公開しないといけない。

 LGPL は当初、Library GPL の略だったけど、今は Lesser GPL の略とされている。Lesser は「より少ない」という意味。フル表記だと、The GNU Lesser General Public License のはずだけど、一般に The GNU Lesser Public License とされることが多い。

えの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top