用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【エムラム】

  • MRAM

 次世代のメモリーとして注目されている記憶装置のひとつ。MRAM は、Magnetic Random Access Memory の略で、一般に「エムラム」と呼ばれることが多い。

 現在、パソコンのメインメモリーには DRAM(ディーラム)と呼ばれるメモリーが使われている。DRAM は値段が安くて容量を大きくしやすい。その反面、常に電気を供給していないと情報を保持できない。しかも、メモリーの中ではデータの読み書きに時間がかかるほうだ。

 DRAM の欠点を補うメモリーとして、SRAM(エスラム)がある。これは、読み書きが速い。しかし、容量を増やしにくい上に高価。そのため、CPU の中のキャッシュメモリーなどの用途に使われている。

 さらに、フラッシュメモリーというものがある。これは、たとえばデジタルカメラの写真を記録するメモリーカードや、デジタル音楽を保存する携帯音楽プレーヤーなどに使われいてる。最大の特徴は、電源を供給しなくてもデータが消えないこと。

 このほか最近は、携帯型の情報機器が増えているので、メモリーにもますます省電力が求められている。

 こうした条件を満たした次世代のメモリーを一般に、ユニバーサルメモリーという。そして、いくつかあるユニバーサルメモリー候補の中で、最も期待されているのが MRAM だ。

 たとえば DRAM は、電子を使ってデータを記憶している。しかし MRAM は、磁気を使って記録する仕組みで、むしろハードディスクに近い。そして、DRAM 並の大容量が可能だ。

 MRAM は大容量が可能で、読み書きが速い、電気の供給がなくてもデータが消えない、しかも消費電力が少ない。まさに、夢のようなメモリーなのだけど、今のところまだコストが高い。量産効果で値段がこなれることを期待したい。

えの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top