用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【エフティーピー】

  • FTP
  • ftp
  • アノニマスFTP

 インターネットを通じて、遠く離れたコンピュータから手元のパソコンにファイルを転送すること、あるいはその仕組み。本来は、ファイル転送の方式を定めた約束事という意味でもある。

 FTP は、File Transfer Protocol(ファイル・トランスファー・プロトコル)の略。小文字で ftp と書くこともある。

 かつて、インターネットがまだ研究者のものだったころ、FTPは外国の大学のコンピュータに保存されているデータを自分のパソコンに取り込むといった目的で使われることが多かった。ただし、この機能を使うには相手のコンピュータに接続するためのIDやパスワードが必要になる。つまり、そのコンピュータにアクセスする権利があるかチェックされる。

 しかしインターネット上には、アノニマスFTPといって自分の電子メールアドレスを入力すれば自由に使っていいデータも公開されている。普通、単にFTPといった場合、このアノニマスFTPを指すことが多かった。アノニマス(anonymous)は「匿名」という意味。

 FTP機能を使うとき、以前は専用のFTPソフトを使うのが一般的だった。たとえば、マッキントッシュ用のFetchなどが有名だった。しかし最近は、ブラウザーでもFTPサイトにアクセスできるしデータの転送もできる。そのため専用のFTPソフトは出番が減っている。

 実際、今ではインターネット・エクスプローラなどでFTPサイトを開き、そこから修正プログラムなどをダウンロードすることも多い。ごく普通のホームページで、ほしいファイルをクリックすると自動的にFTPコーナーに移動して気づかないうちにFTP機能を使っていることもある。

 なお、個人ホームページを作る場合は、データをプロバイダー指定のコンピュータへ転送する必要がある。こんなときは、まだFTPソフトを使うこともあるかもしれない。ただし最近は、ホームページ作成ソフトなどに転送機能が付いていることが多い。

えの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top