用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【エディタ】

 主に、文章(文字)の入力や表示に使われるソフト。

 本来は、コンピュータプログラムを書くためのソフトだった。しかし、雑誌記事などの文字原稿を書くために使っても便利なので、そうした使い方をしている人も多い。

 ただし、ワープロソフトと違ってレイアウトなどの機能はない。したがって、見栄えのする文書を作る場合は、最初からワープロソフトを使うか、エディタで入力した文章をワープロソフトやDTPソフトに取り込む。

 その代わりエディタには、動き(操作に対する反応)が軽いとか、行数を表示する機能が便利といったメリットがある。また最近のエディタは、高機能化に伴って、ある程度の文字修飾が使えるものが増えている。

 市販のエディタもあるけど、シェアウェアにも優れた人気エディタがある。また、ウィンドウズに付属の「メモ帳」や、マックOSに付属の「SimpleText(シンプルテキスト)」(マックOS X では TextEdit)も簡易エディタの一種。これらは、READ MEファイルの表示などにも使われている。

えの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top