用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【エクスターナル・シリアルATA】

  • eSATA

 まず SATA は、シリアルATA の略で、内蔵ハードディスクをマザーボードに接続するための規格。従来、主流だったパラレルATA という方式よりデータ転送速度が速い。

 しかし、シリアルATA は内蔵ハードディスクのための規格で、外付けハードディスクには対応していなかった。そこで、シリアルATA を外付けハードディスクにも対応させたのが、eSATA である。eSATA は、External Serial ATA の略。

 eSATA は、内蔵用の SATA とはコネクターの形状が異なる。そのため、誤って eSATA の差込口に SATA のコネクターを差すといったことはない。また、eSATA のコネクターは抜けにくいようにノッチがついていて、抜き差し可能な回数も増えている。

 eSATA のデータの転送速度は、内蔵用の SATA と同じく、150MB/秒と 300MB/秒。これを bps に直すと、1.5Gbps と 3.0Gbps で、USB2.0 の 480Mbps や IEEE1394 の 400Mbps/800Mbps より高速だ。

 また、SATA用ケーブルの長さは最大1メートルだけど、eSATA の場合は最大2メートルに延長されている。

えの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top