用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【エイリアス】

 アップル社のパソコン、マック(マックOS)で使える、ソフトやファイルの呼び出し専用アイコン。ウィンドウズのショートカット・アイコンにあたる。

 エイリアスを作るのは簡単だ。ハードディスクやフォルダのアイコンを開き、エイリアスにしたいソフトやファイルのアイコンを選ぶ。フォルダのアイコンでもいい。そして画面上部の「ファイル」メニューから「エイリアスを作る」を選択する。

 エイリアスの名前は変えてもいい。また、作ったエイリアスは、どこに置いてもいい。[デスクトップ](画面の背景部分)に並べてもいいし、エイリアス専用フォルダを作って、まとめて入れておいてもいい。

不要になったエイリアスは、ゴミ箱に入れて削除してかまわない。エイリアスは、オリジナルを呼び出すための分身、単なるボタンだから、削除しても元のソフトやファイルは残っている。

 このほか、ユニックス系の OS では、長いコマンド名や頻繁に使用する命令などを別名として設定できるケースがある。そして、この別名をエイリアスという。

 さらに電子メールの機能として、送受信の窓口となるような任意のメールアドレスを作成して、本来の受取人に転送されるよう設定することができる。そして、この任意のメールアドレスをメールエイリアスという。

 メールエイリアスは、複数つくって 1人のアドレスに転送することも可能だ。なお、メールエイリアスはメールボックスがなく、ただメールが通過するだけ。そのため通常の「メール転送」機能とは異なる。

えの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top