用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ウェブ標準】

  • Web標準

 インターネットのウェブサイトは従来、HTML と呼ばれる比較的簡単なプログラム言語のようなもので作られてきた。今も、基本的には変わっていない。

 しかし最近は、ウェブサイトでできることが増えて、どんどん複雑化している。しかも一時は、ブラウザーのメーカーが独自に機能を増やしたりしていた。そのため、あるブラウザーでは正しく表示されるのに、別のブラウザーでは正しく表示されないなんてこともあった。

 こうした状況を改善しようということで、「インターネット上で使う技術の標準化を行っている W3C という団体が推奨する標準方式に基づいたウェブサイトを作ろう」という考え方が広まってきた。そしてこの、W3C が推奨する方式をウェブ標準と呼んでいる。

 具体的には、サイトの構造にあたる部分を HTML または XHTML で書いて、そのページの見た目は CSS という方式で表現する。狭義では、こうした方式でウェブサイトを作ること自体をウェブ標準ということもある。

 これによって、どんなブラウザーでも見た目が統一されるだけでなく、ウェブサイトを構成するデータ量が減ったり、SEC 対策に良い影響が出たり、あとで修正しやすくなったり、アクセシビリティが向上したりする。

うの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top