用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ウェブバグ】

  • Webバグ
  • Webビーコン
  • ウェブビーコン

 HTMLメールを使って、相手が電子メールを開いたことを確認する方法。一般的には、Webビーコンということが多いけど、同じものをWebバグということもある。

 主に、迷惑メールの送信者が、送ったメールアドレスが生きているか、そのメールがいつ開かれたが確認するために使っている。あるいは、ホームページの作者が、どんな人がアクセスしてきたか確認するために使うこともある。

 電子メールソフトもブラウザーも、HTMLファイルが開かれた時点でその内容を解釈する。その中に、特定のウェブサーバーにアクセスして画像を読み込みなさい、という命令を入れておくことも可能だ。

 電子メールの送り手、あるいはホームページの作者は、HTMLファイルの中に小さな画像を読み込むための記述を入れておく。そして、その画像が読み出されたら、相手が電子メールを開いた、あるいはホームページを見たということが確認できる。

 電子メールの場合、すべてテキストメールとして開くように設定すると、画像を読み出しに行かないので Webビーコンを無効にすることができる。また最近では、初期設定で画像をダウンロードしないように設定されているケースが増えている。

 このように、HTMLメールを受け取っても画像を表示しない設定を、イメージブロックと呼ぶ。

うの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top