用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【インターフェース】

 これには、ふたつの意味がある。ひとつは、パソコンと周辺機器を接続するためのコネクターや接続のルール。もうひとつは、パソコンと人間の接点、つまりマン・マシン・インターフェースと呼ばれるもの。

 普通、単にインターフェースといった場合は、パソコンと周辺機器の接続の方を指す。たとえば「このプリンタのインターフェースは USB だ」といえば、そのプリンタはパソコンの USBポートというコネクターに接続する、という意味。

 ほかにも、これまでパラレルポートや RS-232C(シリアルポート)、SCSI、IEEE1394 など多くのインターフェースが使われてきた。今のパソコンは、ほぼすべて LAN の接続口があるし、AV機器とつなぐための HDMI という接続口を装備していることも多い。これらも、インターフェースといえる。

 周辺機器の中には、専用の拡張ボードや PCカードを使って接続するものもある。また、デスクトップパソコンに USB や IEEE1394 のコネクターを追加するための拡張ボードや、ノートパソコンで従来型コネクターに対応した周辺機器を使うための PCカードもある。これらの拡張ボードや PCカードをインターフェースカードと呼ぶことがある。

 マン・マシン・インターフェースの方は、具体的にはディスプレイ、キーボード、マウスといった機器。つまり人間がパソコンを使う上で、情報を与えたり与えられたりする接点という意味だ。そして、パソコンにデータを入れるための機器を入力装置、パソコン内のデータを出すための機器を出力装置という。

いの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top