用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【インターフェースカード】

 インターフェースという言葉は別のページでも説明しているけど、この場合はパソコンと周辺機器を接続するためのコネクター類のことだと思ってほしい。

 カードは、デスクトップパソコンに組み込む拡張ボード(拡張カード)、主にノートパソコンで使われるPCカード、主にPDAで使われるCFカードなどを指している。

 具体的なインターフェースカードとしては、まずデスクトップパソコンにUSBやIEEE1394などのコネクターを追加すための拡張ボードがある。また、以前は専用の拡張ボードを使って接続するスキャナもあった。あるいは、別売りの液晶ディスプレイを接続するために専用の拡張ボードを使うこともある。こうした専用の拡張ボードも、インターフェースカードと呼ばれる。

 次に、ノートパソコンに必要なコネクターが付いていないとき使うPCカードがある。たとえば、SCSI接続用のPCカード(ホストアダプター)がそうだ。LAN接続用のコネクター(10BASE-Tなど)になるものや、USBのコネクターを増やせるものもある。

 実際の形状は、PCカードから短いケーブルが伸びていて、その先にLAN用コネクターが付いていたり小型のUSBハブが付いている感じ。ただし、ケーブルがなくてノートパソコンのPCカードスロットの外にコネクターがボコッと出っ張るタイプもある。

 また、モバイルノートに付属の外付けCD-ROMドライブなどは、ドライブ自体に専用のPCカードが付いていて、それでしか接続できないこともある。そして、この専用のPCカードもインターフェースカードと呼ばれる。

 CFカードも場合も、PCカードと同様だ。ただし、あまり種類は多くない。

いの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top