用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【インターネット】

  • Internet

 この用語解説辞典はインターネットで提供しているので、皆さん基本的なことは分かっていると思う。しかし、これまでの経緯から意外に勘違いしてる人もいる。

 まず、いわゆるホームページというのは、インターネットで実現されている機能のひとつ。正確には、WWWという技術でホームページが提供されている。また今は、ウェブサイトというのが一般的で、本来のホームページはそのトップページのこと。

 電子メールもインターネットの機能のひとつ。インターネット上からフリーソフトをダウンロードすることもあるけど、これはFTPという機能を使うことが多かった。ほかにも、遠く離れたコンピュータの中を検索したり、以前はいろいろな機能があった。

 今は、ほとんどの機能をウェブサイト上で実現できる。ADSL や CATV(ケーブルテレビ)、光ファイバーを使ったブロードバンド回線なら動画の配信・再生も実用レベルだ。インターネット電話も実用化されている。

 結局、インターネットとは何かというと、世界中に広がった新しい通信インフラ(インフラストラクチャー)と考えるといい。そして、デジタル化された情報(データ)なら何でも行き来できる。電子メールも、ホームページの文章や画像も、ラジオや電話の声も、テレビやビデオの映像も、デジタル化されて通信回線を流れている。

 従来の通信設備と違うのは、一方通行ではなく双方向で対話的に利用できること。それと、特定の相手だけでなく不特定多数の人を相手にできること。これが可能なのは、世界中のコンピュータが一定のルールで相互接続されているから。

 だから「モノとしてのインターネットって何?」と聞かれれば「コンピュータと通信ケーブル」ということになる。しかし、ソフトとデータ(コンテンツ)がないと意味がない。

 一般的には、インターネットとは世界中のコンピュータ・ネットワークが共通のルールで相互接続されたもの、あるいは接続された状態といわれている。モノとしての存在もさることながら、自由にデータの送受信ができる状況に価値がある。

 なお、インターネットの技術的な話に興味がある人は、TCP/IP、http、HTMLといった項目を見てもらうといい。

いの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top