用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【イメージブロック】

 悪意のある電子メールから、あなたのメールアドレスを守る仕組みのひとつ。

 現在使われている電子メールには、テキスト形式とHTML形式がある。テキスト形式は、一般に広く使われている方式で、基本的に文字しか表示できない。一方、HTML形式を使うと、文字の大きさを変えたり、色を変えたり、背景に画像を張ったり、画面内に写真を表示したりできる。

 で、この「画面内に写真を表示できる」という機能を使って、あなたが電子メールを開いたか、あなたの電子メールアドレスが有効か確認する手法がある。詳しくは、ウェブビーコンの説明を見てほしい。

 つまり、ウェブビーコンの被害を防ぐには、初期設定で画像を表示(ダウンロード)しないようにしておけばいい。これが、イメージブロックである。この場合の「イメージ」は、画像のことだ。

 現在、ウィンドウズに標準装備されている一般的な電子メールソフトは、最初からイメージブロックが有効になっている。また、Yahoo!メールのようなウェブメールでもイメージブロックが可能だ。

 もし、HTML形式の電子メールを受け取って、画像があるはずの部分に×印が出ていたら、そのメールの安全性を確認した上で「画像をダウンロード」などの操作をすればいい。

 また、Windowsメール等では、「ツール」→「オプション」内の「セキュリティ」で、画像のブロックを解除することができる。この場合、何もしなくても画像が表示されるので便利だけど、ウェブビーコンの被害にあう可能性があることを忘れないように。

いの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top