用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アーカイバ】

  • アーカイブ
  • 圧縮
  • 解凍

 圧縮といえば、ギュッと小さくすること。では何を小さくするかというと、パソコンで扱うソフトやデータのファイルを小さくする。ウィンドウズならプロパティやエクスプローラで、マックなら「情報を見る」というメニューでファイルサイズを確認できる。圧縮すると、その数字が小さくなる。

 一般のファイルを圧縮するには圧縮ソフトを使う。いくつか定番のソフトがあって、インターネットから入手できる。なお、ウィンドウズXP 以降には圧縮フォルダという機能があって、これを使うと特別なソフトなしでファイルやフォルダを圧縮することができる。

 なぜ、圧縮してファイルサイズを小さくするのか? 最も多いのは、電子メールの添付ファイルとしてファイルを送るためだ。ファイルサイズが大きいと、それだけ通信時間がかかる。受け取った側は、同じソフトを使って元に戻す。これを解凍とか展開という。だから圧縮する前に、相手がそれを解凍できるか確認しておく方がいい。

 以前は、普段は使わないファイルを圧縮して保存すればハードディスクの容量を節約できるとか、大きなファイルがフロッピーディスクに収まる、といった目的で圧縮することもあった。圧縮技術を使って実質的にハードディクスの容量を増やすソフトもあった。

 今は、写真などの画像ファイルを自動的に圧縮する技術も普及している。たとえば、JPEGという画像フォーマットがそうだ。音楽データも、MP3やAAC、ATRAC3といった方法で圧縮できる。画像の場合も音楽の場合も、ごく普通の操作で開いたり再生することができる。しかも、圧縮率にもよるけど画質や音質があまり落ちない。

 では、どうしてファイルサイズを小さくしたり、それを戻すことができるのか。いろいろな技術が使われているのだけど、かなり難しい話しになる。必要なら専門書を見てほしい。なお圧縮には、完全に元に戻せる方式と、完全には元に戻ならない方式がある。この違いは、可逆のページで。

 アーカイバは本来、複数のファイルをひとつにまとめるソフトのこと。そして、ひとつにまとめることをアーカイブ(する)という。電子メールで送るとき、ひとつひとつ送るより、まとめて送れば効率がいい。しかし、ほとんどのアーカイバが圧縮機能を合わせ持っていたので、アーカイバ=圧縮ソフトと解釈されることが多い。

 なお、アーカイブには「書庫」といった意味がある。そのため、インターネットなどで公開している文書やソフトなどを、まとめて保存してある場所をアーカイブということもある。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top