用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アンチグレア処理】

  • ノングレア処理

 パソコン関係では、液晶ディスプレイなどの表面に、この処理が施されている。照明や太陽光などの映り込みを軽減するもので、アンチグレアでもノングレアでも意味は同じ。

 グレア(glare)は、「ギラギラまぶしい光」といった意味。これに、反対の意味を表すアンチ(anti-)やノン(non-)を付けて「ギラギラしない」「まぶしくない」といった意味にしている。

 具体的には、液晶などの表面に細かなザラザラを付ける。これによって光が乱反射して、ギラツキや映り込みを抑えている。

 しかし、アンチグレア処理してあると、色の鮮やかさが薄れるという問題がある。特に黒など暗い色がクッキリと出ない。全体的に、つや消しのように見えてしまう。

 そのため最近は、あえてアンチグレア処理をしていないラスタービュー液晶が増えている。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top