用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アプリケーションキー】

 ウィンドウズパソコンのキーボードに付いているキー(ボタン)。

 現在、デスクトップパソコンには109日本語キーボードと呼ばれるキーボードが付属していることが多い。この場合、文字キーの最下段の右寄りに、操作メニューと矢印(マウスカーソル)が描かれたボタンがある。これがアプリケーションキーだ。

 ノートパソコンの場合は、アプリケーションキーが付いていないこともある。また、デスクトップ型でも、古めの機種に付属していたキーボードには付いていない。

 アプリケーションキーを押すと、通常は右クリックしたときと同じメニューが開く。たとえば、マイコンピュータのアイコンを選択した状態でアプリケーションキーを押すと、アイコンの脇にメニューが出る。そして、矢印キーを使って項目を選び、Enterキーを押せばその項目が起動する。

 ただ、この機能を使わなくても支障はないので、アプリケーションキーがないキーボードでも特に問題はないと思う。

 なお、これとよく似たものとしてWindowsキーがある。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top