用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アプリケーションの追加と削除】

  • プログラムの追加と削除

 ウィンドウズのコントロールパネルの中にある機能のひとつ。従来は「アプリケーションの追加と削除」だったけど、ウィンドウズXP から「プログラムの追加と削除」に変わった。

 今は、新しくソフトをインストールする場合、そのソフトのCD-ROMをパソコンに入れると自動的にインストール(セットアップ)画面になる。あとは、画面の指示に従えば簡単にインストールできる。自動的にインストール画面にならない場合も「setup.exe」というプログラムを起動させれば同じ状況になる。

 さらに最近は、ソフト自体にアンインストール機能(そのソフトを削除するメニュー)が含まれていることが多い。ソフトを削除する場合は、そのソフトのアイコンやフォルダを「ごみ箱」に移すのではなく、このアンインストール機能を使おう。

 しかし中には、アンインストール機能がないソフトもある。こうしたソフトを安全に削除するときは、ウィンドウズに標準装備されている「アプリケーションの追加と削除」または「プログラムの追加と削除」を使うのが正しい。

 以下、従来のウィンドウズの場合で説明しよう。まず、「スタート」ボタン→「設定」→「コントロールパネル」を選び、開いた画面で「アプリケーションの追加と削除」をダブルクリックして開く。

 普通は最初、「インストールと削除」画面になっているはずだけど、インストールの方は前述の通り自動的に始められるので、普通はまず使わない。主に使うのは下側の削除機能の方。リストから削除したいソフトを選んで「追加と削除」ボタンを押す。

 もうひとつ大事なのが「Windows ファイル」の画面。ここではウィンドウズに標準装備されている各種機能の追加と削除ができる。実は、ウィンドウズで動いているパソコンでも、すべての機能がセットアップされているわけではないんだ。組み込まれていない機能が必要になったときは、この画面で追加する必要がある。

 市販のパソコンなら、ほとんどの場合、必要な機能にチェックマークを付けて「適用」か「OK」を押すと、自動的にインストール(セットアップ)が始まる。ただし場合によっては、ウィンドウズが入ったCD-ROMを要求されることがある。この場合は、その時点でパソコンのCD-ROMドライブに入れてあげればいい。その後、「再起動」のメッセージが出たら、画面の指示に従って再起動しよう。

 「起動ディスク」の画面では、パソコンを買って最初にウィンドウズを起動(セットアップ)するときに作る「起動ディスク」と同じものを、いつでも作ることができる。

 ウィンドウズXPの「プログラムの追加と削除」には「起動ディスク」を作る機能がないけど、他はほぼ同じ操作ができるようになっている。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top