用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アトラック3】

  • ATRAC
  • ATRAC3
  • ATRAC3 plus
  • アトラック
  • アトラック3プラス

 アトラック(ATRAC)は、ソニーが開発した音楽データを圧縮する技術で、Adaptive TRansform Acoustic Codingの略。

 アトラックは、MD(ミニディスク)で使われていて、たとえば一般的な音楽データの場合、音楽CDの約5分の1のデータ量に減らすことができる。圧縮してデータ量を減らすと、一般的には音質が悪くなる。しかしMDを使っている人は分かるとおり、アトラックで圧縮してもほとんど音質が落ちない。これは、人間の耳に聞こえにくい音などをうまく減らしているためだ。

 アトラック3(ATRAC3)は、アトラックを発展させた技術で、さらに半分くらいのデータ容量に減らすことができる。そのため、インターネットを通じて音楽を配信することにも適している。

 実際、ソニー・ミュージックエンタテインメントの音楽配信サービス、ビットミュージック(bitmusic)はATRAC3を使っている。また、メモリースティックというメモリーカードに音楽を記録して使うメモリースティックウォークマンにも採用されている。

 現在は、さらに圧縮率を高めたアトラック3プラス(ATRAC3 plus)という技術も登場している。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top