用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アップルメニュー】

 マッキントッシュ(マックOS)の画面左上に、常に表示されているリンゴのマーク。また、このマークをクリックすると表示されるメニュー。この中には基本的に、マックOSに附属しているソフトやプログラムの類が入っている。必要なときは、ここから選べば呼び出すことができる。

 なお、以下の説明はマックOS 9までの機能に基づいている。マックOS Xにもアップルメニューはあるものの、内容は大幅に変更されている。

 アップルメニューの一番上には「○○○について」という項目が出る。これは、特定のアプリケーションソフトを選んでないとき(Finderが選ばれているとき)は、「このコンピュータについて」となっている。これを開くと、マックOSのバージョンやメモリー容量、メモリーの使用状況などがわかる。

 何かのアプリケーションソフトを使っているときに開くと、そのソフトに関する情報(メーカー名やバージョン情報など)が表示される。

 アップルメニューの中に入っている項目は、システムフォルダの中の「アップルメニュー」フォルダを開くと見られる。また、このフォルダの中にソフトのアイコンを入れると、そのソフト名が表示されるようになる。

 一般的には、よく使うソフトのエイリアスを作って入れておくことが多い。こうすると、必要なときにいつでもアップルメニューから簡単に起動できるようになる。また、よく使う文書ファイルや、そのエイリアスを入れておくこともできる。

 逆に、このフォルダから削除する(出す)と表示されなくなる。ただしアップルメニューには、マッキントッシュを使うために必要な、重要なファイルも入っているので、最初から入っていたものを、むやみに削除するのは止めよう。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top