用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アタピー】

  • ATA
  • ATAPI
  • アタ
  • パラレルATA

 パソコンの内部に、ハードディスクや CD-ROMドライブを接続するために使われてきた IDE という方式がある。ATA や ATAPI は、この IDE を規格化したもの。

 まず、ATA は、IDE の標準的な規格を定めたもの。そして、IDE を進化させたエンハンスドIDE は、ATA-2 として規格化されている。

 ATAPI は、エンハンスドIDE をさらに拡張して、ハードディスクのほかに CD-ROMドライブなども接続できるようにしたもの。一時期、ほとんどのパソコンが ATAPI に対応していた。

 なお一般に、ATAを「アタ」または「エイタ」、ATAPIを「アタピー」と読むことがある。

 今は、より新しいシリアルATA という方式が普及している。これと区別するために、従来の ATA をパラレルATA と呼ぶこともある。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top