用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アスペクト比】

 一般に、画面の横と縦の比率のこと。パソコンの場合、おおむね4:3になっている。

 たとえば、VGAは640×480ドット、SVGAは800×600ドット、XGAは1024×768ドットで、計算してみるとすべて4:3の比率。ところが、この上のSXGA(SXGAを参照)はイレギュラーで1280×1024ドット、計算すると5:4になっている。

 そのため、CRTの画面をSXGAに設定すると、ほかの解像度にしたときより文字が平たく見える。写真などを表示すると縦方向につぶれて(横幅が広がって)見える。この上のUXGAだと1600×1200ドットで4:3に戻るので、大きなCRTディスプレイでフォトレタッチなどをするときは、この解像度まで上げる方がいい。

 パソコン以外では、従来のテレビは4:3だけど、ワイドテレビは16:9になっている。

 写真の35mmフィルムは普通、およそ3:2で、けっこう横長。ただしデジタルカメラは、パソコンの画面と同様に4:3になっていることが多い。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top