用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アクロバット】

  • PDF
  • アドビ・リーダー

 PDF は、アドビシステムズという会社が開発した、文書のレイアウトを正しく保存・表示するためのファイル形式で、Portable Document Format の略。

 たとえば、文書を PDF にしてインターネットで公開したり、電子メールで送ったり、周辺機器の説明書を PDF にして附属CD-ROM に納めるといった使い方をすることが多い。

 あるパソコンで作った文書を別のパソコンに移した場合、移された側にも同じソフトが入っていないと、その文書を開くことができない。コンバートしてもレイアウトなどが壊れてしまうことが多い。まして、インターネットのウェブページでは、各パソコンの設定しだいでかなり違うレイアウトになることもある。

 しかし、PDFファイルとして保存した文書だと、別のパソコンに移してもインターネットでやり取りしても元のレイアウトが再現される。その結果、ほとんどの場合、パソコンの画面で見ても紙の印刷物と同じ感じで読みやすい。

 PDFファイルを作るには、アクロバット(Acrobat)というソフトが必要だ。あるいは、インターネット上で配布されているフリーソフトやシェアウェアでも PDFファイルの作成が可能なものがある。

 なお PDFファイルを見る(開く、表示する)だけなら、アドビ・リーダー(Adobe Reader)というソフトがあればいい。以前は、このソフトはアクロバット・リーダーと呼ばれていた。

 アドビ・リーダーも無料で配布されている。インターネットからダウンロードできるし、PDFファイルが納められている CD-ROM等には、たいてい一緒に入っている。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top