用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アクセス】

 一言でいえば「つなぐ」こと。そして「データをやり取りする」こと。パソコンの世界には、大きく分けて2種類のアクセスがある。

 まず、インターネットなどのネットワークにつなぐこと。会社などでLANを組んでいる場合、サーバーにつなぐこともアクセスという。

 つまり、離れた場所にある別のコンピュータと手元のパソコン(PDAなどでもいい)を接続すること全般を指す。インターネットのプロバイダーが用意している接続先をアクセスポイントという。これはまさに「つなぐ場所」という意味だ。

 ただし、ここでいっている「つなぐ」の意味は、ケーブルなどで物理的につなぐだけではなく「データのやり取りが可能な状態にする」ということ。

 たとえばLANは、専用ケーブルで常時つながっているけど、それだけではアクセスといわない。手元のパソコンから、サーバーにデータを送ったり、サーバーの中のデータが見えるようになったとき「アクセスした」ことになる。

 もうひとつのアクセスは、メモリーやハードディスクなどにデータを書き込んだり読み出したりすること。これは、CPUがメモリーやハードディスクに対してアクセスしているという意味。この場合、その機器に付いているアクセスランプがチカチカ光ることが多い。

 さて冒頭で、2種類のアクセスがあると書いたけど、実は、もうひとつある。Access(アクセス)という名前のデータベースソフトがあって、これはマイクロソフトが出している製品のひとつ。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top