用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アクセシブル・ウェブ】

  • アクセシビリティ
  • アクセシブルWeb

 インターネットは今や、非常に有益な情報源になっている。利用者の数も増えている。そうなると、パソコン操作の苦手な人や操作に不自由な人が使うケースも多くなる。たとえば、高齢者や障害者などだ。

 そうした人にも配慮して、誰にでも使いやすく、見やすく、理解しやすく工夫されたウェブサイトを、アクセスビリティが高いという。アクセスビリティとは、「アクセスのしやすさ」といった意味だ。

 そして、アクセスビリティを考慮して作られたウェブサイトを、アクセシブル・ウェブ(アクセシブルWeb)という。

 単に画面構成や色彩を見やすくするだけでなく、視覚障害者には操作が難しい GUI に加えてテキストモードも用意する、画像に文字による説明を付けるといった工夫も重要だ。

 なお、一般の人だけでなく高齢者や障害者にも使いやすいように製品を設計することをユニバーサルデザインという。従来は、建築施設や工業製品を対象にした言葉だったけど、最近ではウェブサイトもユニバーサルデザインが意識されている。そして、ユニバーサルデザインを実現したサイトは、アクセスビリティが高く、アクセシブル・ウェブということができる。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top