用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アウトオブバンド方式】

 複数のストレージを仮想化して、ひとつの大きなストレージとして使用する際に利用されてきた技術のひとつ。

 現在、企業が扱うデータ量も、インターネット上に保管されるデータの量も増える一方。そのため、必要とされるストレージ(通常は、大きなハードディスクだと思っていい)の容量もどんどん増えている。

 そして、最近の傾向として、複数のストレージを仮想的にひとつにまとめて利用する技術が普及している。

 たとえば、3台のハードディスクを使ってる場合、通常は3台に別々のドライブレターや名前をつけないといけない。だけど、これを仮想的に1台にまとめると名前もひとつでいいし、1台目の容量がいっぱいになったら自動的に2台目、3台目にデータが保存されていく。

 実際には、もっと大規模なネットワーク、たとえばデータセンターのようなところで大量のハードディスクを有効利用するためにストレージ仮想化技術が利用されている。

 さて、ストレージを仮想化するとき、そのストレージにアクセスするサーバーとの間にストレージ仮想化装置を置く必要がある。そして、仮想化に必要な制御信号をストレージ仮想化装置を通じて送り、データはサーバーとストレージの間で直接やり取りするタイプをアウトオブバンド方式と呼ぶ。

 これとは別に、インバンド方式というのがあって、この場合は制御信号もデータもストレージ仮想装置を通る。

 アウトオブバンド方式の方がデータの送受信が速いということで、従来はアウトオブバンド方式が主流だった。ただし、この方式だと、すべてのサーバーにストレージ仮想化ソフトをインストールする必要がある。そのため最近は、インバンド方式が主流になってきている。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top