用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アイ・コネクト・プラス】

  • i・CONNECT
  • i・CONNECT PLUS
  • アイ・コネクト

 i・CONNECT(アイ・コネクト)は、周辺機器メーカー(サードパーティ)の大手、アイ・オー・データ機器が開発し、自社製品に採用しているコネクターの規格。同社が発売している外付けハードディスク、MOドライブ、CD-R/RWドライブ、DVDドライブなどに使われている。

 これらの機器をパソコンと接続する方法として、一般に USB(1.1/2.0)、IEEE1394(i.Link/FireWire)、PCカードなどが使われている。しかし、i・CONNECT に対応した製品には、これらのコネクターの代わりに、i・CONNECT のコネクターが付いている。

 そして、たとえば USB でパソコンに接続したい場合は、片側が i・CONNECT に対応し、もう一方が USB に対応したケーブルを使って接続する。IEEE1394 で接続したい場合は、片側が i・CONNECT で、もう一方が IEEE1394 に対応したケーブルを使う。PCカードの場合も同様だ。この他、i・CONNECT 対応のハードディスクを LAN に直接つなぐための機器もある。

 i・CONNECT に対応した機器を、1台のパソコンにつなぎっぱなしにするなら特にメリットはない。しかし、別のパソコンにつなぎ換えて使いたいといったときは便利だ。新しいデスクトップパソコンにつなぐときは USB2.0 で、古めのノートパソコンにつなぐときは PCカードを使うといったことがケーブルを換えるだけで可能になる。

 あるいは、普段は IEEE1394 でつないでいるけど、そこに DVカメラをつなぎたくなった、なんて場合も、一時的に USBポートに接続するといったことができる。もちろん、パソコンを買い換えたときも、ケーブルだけ換えれば同じ周辺機器を使い続けることができる。

 なお、i・CONNECT PLUS(アイ・コネクトプラス)は、1台の機器に通常の i・CONNECT と USB2.0 または IEEE1394 のふたつのコネクターを付けたもの。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top