HOME > 用語解説辞典 > あの一覧 > アイドルタイム

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アイドルタイム】

  • アイドル時間

 アイドルタイムでもアイドル時間でも意味は同じ。しかし、パソコン(コンピュータ)に関して使う場合と、インターネット接続に関して使う場合で、かなり意味が変わる。

 まずパソコンの方だけど、起動していて使える状態なのに何も作業していない時間をアイドルタイムという。人間が使っている、いない、というよりパソコン自体が何か作業をしているか、いないかがポイントだ。たとえば、スクリーンセーバーが動いていれば、パソコンはスクリーンセーバーを表示するという作業をしている。

 実際には、CPUが何も作業していないでムダになっている状況を指してアイドルという言葉を使うことが多い。本来は、CPU のアイドルタイムを減らして効率的に処理する、といった技術的な言葉だ。

 インターネット接続の場合は、回線がつながっているのにデータの送受信がない状態のこと。

 特に、かつて電話回線を使ったダイヤルアップ接続が一般的だったころ、利用者が接続を切り忘れることがあった。そのため、一定時間(10分とか)データの送受信がないと、プロバイダー側から自動的に接続を切る仕組みにが用意されていた。これを、アイドルタイムアウトなどという。

 また、ホームページを表示しようとしてURLを送っても、Webサーバー側から何も送られて来ないことがある。そのサーバーが止まっている、すごく忙しい、途中の経路に問題があるなど、いろいろ理由が考えられる。いずれにしても、一定時間(数分とか)データが返ってこないと、やはりアイドルタイムアウトになる。

 アイドル(idle)は本来、「人が仕事をしていない」「物が使われていない」といった意味の英単語。

関連サービス
  • Biz-agora
  • WebARENA
  • Master'sONE
  • InfoSphere

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

このページのトップに戻る

 

別ウィンドウで開きます ・・・リンク先の外部サイトを別ウィンドウで開きます。

ページの先頭へ