用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アイコンプ】

  • iCOMP

 かつて、パソコン用CPU の最大手、インテルが作った CPU の性能を示す目安。この数字が大きいほど、処理能力が高くて高性能な CPU とされていた。

 インテル製の CPU には、数多くの種類がある。そして、同じ名前の CPU なら通常はクロック周波数が高いほど処理能力が高い。

 しかし、別の名前の CPU と比べるとどのくらいの性能なのか、新しい CPU は従来製品に比べてどのくらい性能アップしたのか、といったことは非常に分かりにくい。そこで一定の基準を設けて、性能を数字で比較したのが iCOMP値だった。

 といっても、iCOMP値が 2倍なら、どんな処理でも半分の時間で終わるのかというと、そんな単純なものではない。パソコンの処理速度は、CPU の性能だけで決まるわけではないからだ。

 ちなみに、インテルが自社製CPU の性能を示すために作った基準なので、他社製CPU には対応していない。また現在は、iCOMP値で CPU の性能を評価すること自体がなくなっている。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top