用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アイエスオー感度】

  • ISO感度
  • イソ感度

 写真用フィルムなどの感度を表す数字。正確には「アイエスオー感度」だけど、一般に「イソ感度」と呼ばれることが多い。一般的なネガフィルムでは、ISO感度100 や 400 のものが多く使われている。

 数字が高いほど感度が高い。感度が高いと、同じ状況でもシャッタースピードが速くなる。そのため、手ブレしにくくなる。高速で動く被写体も撮りやすい。あるいは、薄暗いところでも明るく撮ることが可能になる。夜景や花火を写すときも感度が高い方が有利だ。

 しかし、フィルムの場合、感度が上がると粒子が粗くなる。サービスサイズ程度だと気にならないけど、大きく伸ばすとザラザラした感じが目立つようになる。そのため、写真に詳しい人は、状況に応じて ISO感度の違うフィルムを使い分けたりする。

 デジタルカメラの ISO感度も、ほとんど同様に考えていい。しかし、デジタルカメラはフィルムを使わない。カメラの設定で、たとえば「ISO感度100 相当」と設定するだけだ。

 しかしながら、ISO感度を高くする(数字を上げる)と、ノイズと呼ばれるザラつきが出やすくなる。この点は、フィルムと似ている。そのため、少しでも良い画質がほしいときは ISO感度を低く設定するといい。

 デジタルカメラの場合、いつでも ISO感度の設定を変更できる。これは、フィルムカメラでは不可能な便利な点だ。

 たとえば、明るい屋外では ISO感度を低くして高画質で撮影するといい。薄暗い場所に移り、そのままではシャッタースピードが遅くなって手ブレしそうなときは、ISO感度を高く設定し直せばいい。

 ISO感度を 100 から 200 に切り替えると、シャッタースピードが半分になる。100 から 400 に切り替えると、4分の1 になる。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top