用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アイアプリ】

  • iアプリ

 NTTドコモが提供している、携帯電話で利用できるサービスのひとつ。利用するにはiアプリに対応した携帯電話機が必要だけど、iアプリ対応の電話機でiモードや普通の通話もできる。

 iモードを使うと、インターネットなどを通じて、iモード向けの情報(ホームページ)を見たり電子メールを交換したりできる。これは、iモード対応の携帯電話機にホームページを表示したり電子メールを読み書きする機能が組み込まれているから。

 一部の携帯電話機は、音楽データを再生することもできる。これは、音楽再生機能が電話機に組み込まれているため。この機能は、あとから変更できないので、方式が異なる音楽データを再生することはできない。

 iアプリが画期的なのは、必要に応じて必要なプログラム(ソフト)を携帯電話機に取り込めること。狭義では、このプログラムをiアプリという。iアプリ(プログラム)は、Javaというプログラム言語で作られている。

 パソコンは、目的に応じていろいろなアプリケーションソフトを組み込んで使うことができる。iアプリも同様に、目的に応じたプログラムを携帯電話機に組み込んで使えるというわけだ。しかも、iアプリ用のサイトから電話機へ直接ダウンロードできる。

 具体的なiアプリとしては、ゲーム、天気予報、交通情報、株価情報などがある。天気、交通情報、株価などは、表示用のプログラムを電話機に組み込んでおいて、必要なときに最新情報を取り込んで表示する。ゲームの場合は、一度プログラムを取り込めば何度でも楽しめるものと、オンライン(接続した状態)で離れた人と対戦できるものがある。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top