用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【にごろ】

  • 256
  • きりがいい

 普通、きりがいい数字といえば 100 とか 500 とか、そういった数字だと思う。英語圏では「クォーター(quarter)」という概念があるから、4分の1 つまり 25 や 250 もきりがいい。

 ところがコンピュータ(パソコン)の世界では、まったく違う。256 や 1024 が、きりがいい数字とされている。特に 256 は「にごろ」と呼ばれて、何かにつけて出てくる。

 たとえばディスプレイの表示色には、必ず256色がある。画面の解像度には、1024×768ドットがある。さらに、1KB=1024バイトだし、1MB=1024KBだ。このほか、コンピュータ関連で頻繁に出てくる数字を見ると、2、4、8、16、32、64、128、256、512、1024、という感じ。つまり、すべて 2 の累乗だ。

 これは、コンピュータの内部では、すべての処理を 2進法で行っていることと関係ある。中でも特に、2 の 8乗にあたる 256 は一番きりがいい。というのも、2進法の 8桁(2 の 8乗にあたる)を 8ビットといって、これが 1バイトという基本的な単位になっているためだ。

 そして、256 を 4倍すると 1024(2の10乗)になる。これが、2 の累乗の中で最も 1000 に近い。そのため「えぇい、1024 を 1000 と見なしてしまえ」ということで、1KB=1024バイトということになっている。ちなみに、大文字で「K」と書いた場合は 1024 で、小文字で「k」と書いた場合は本来の 1000 とされている。

 で、なんで 2進法の 8桁(2の8乗)が 256 になるかという話し。むかし数学で習った 2進法の表記を思い出してほしい。以下のようになる。

 (2進法表記) (10進法表記)
  00000000 =  0
  00000001 =  1
  00000010 =  2
  00000011 =  3
    ・    ・
  11111110 = 254
  11111111 = 255

 なんで最後が 255 なんだ? と思ってはいけない、最初に 0 があるから全部で 256通り、ということになる。

 このほか、2進法の 4桁(4ビット、10進法に換算すると16通りの表記ができる)、16桁(16ビット、65,536通り)、32桁(32ビット、4,294,967,296通り)も、よく使われている。

にの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top