ニュース・イベント

利用シーンに合わせて、複数のクラウドを組み合わせて使える!
『Master’sONE® インタークラウドネットワーク』提供開始
~Microsoft Azureへの接続サービスを1月30日受付開始、3月2日提供開始~

株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:前沢孝夫、以下NTTPC)は、企業におけるマルチクラウドのニーズに対応し、企業ネットワークと複数のクラウドを閉域網でつなぐ「Master’sONE® インタークラウドネットワーク」(以下、本サービス)を開発し、2015年1月30日よりMicrosoft Azureへの接続サービス(以下、ダイレクト接続 for Azure)を受付、3月2日より提供開始します。


【インタークラウドネットワークの概要】
オンプレミスとクラウドの組み合わせや、複数のクラウドを使い分ける等、企業におけるクラウド活用の多様化・複雑化が進んでいます。NTTPCでは従来より、お客さまのデータセンターやNTTPCが提供するクラウド群(以下、NTTPCクラウド)、及びアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)やSalesforce 1 Platform(以下salesforce)等のパブリッククラウドへの接続サービスを提供してまいりましたが、昨今のニーズに応え、複数のクラウドを組み合わせて利用できる、柔軟性かつ拡張性を備えた本サービスを提供します。これにより企業ネットワークやデータセンター・複数のクラウドとの、シームレスな接続を実現しました。


*1:今後提供予定です。 *2:お客さまのご要望に応じて接続します。

本サービスは、インターネットを経由せず、閉域上に複数のクラウドを組み合わせて利用ができ、また、複数のクラウド利用に便利なインテグレーション機能も合わせて提供します。クラウド間でのデータ連携や、複数クラウドのログ管理等も行え、利便性が向上すると共にクラウドセキュリティを強化できます。閉域ネットワークと各種インテグレ―ション機能により、お客さまが安心・安全に、複数のクラウドをご利用になれる企業向けのソリューションを提供します。
なお、お客さま拠点やデータセンターからクラウドに接続するためのアクセス回線として、ギャランティ接続、ベストエフォート接続、モバイル接続、M2M接続等をご利用可能です。
(別途、Master’sONE® IP-VPNのご契約が必要です)


【インタークラウドネットワークの特長】
◎マルチクラウド接続

複数のクラウドへのシームレスな接続環境を提供します。
お客さまは、複数のクラウドから自由に選び、また組み合わせて利用することが可能。
オンプレミスのバックアップ利用も容易に行えます。また、お客さまのご要望に従って、現在は提供していないクラウドサービスやデータセンターへの閉域環境を提供します。

◎閉域によるセキュアかつ安定した接続
どのクラウドへも、インターネットを経由せず接続可能です。安定した性能や高セキュリティが求められる金融・医療等の業界においても複数のクラウドを組み合わせてご利用になれます。また、センシティブなデータの取得・蓄積にも有効です。

◎マルチクラウド接続に必要なインテグレーション機能
複数クラウドを利用する際、煩雑になりがちなシステム運用管理業務を集約したり、データ種別やインターフェ-スの異なるシステム間でも柔軟に連携できる各種インテグレーション機能を提供します。


【インタークラウドネットワークの提供サービス】
(1)クラウド接続
お客さまデータセンターやクラウドを接続する閉域ネットワークサービスです。

メニュー名概要参考月額料金*1
ダイレクト接続 for AWS1Gbps共用タイプから、帯域を確保したギャランティタイプまで幅広く提供4万円~
【NEW】ダイレクト接続 for Azure*2200Mbpsから、帯域を確保したギャランティ接続にて提供個別見積
ダイレクト接続 for BizホスティングNTTコミュニケーションズのBizホスティング(Cloudn、EnterpriseCloud)との接続環境を提供個別見積
ダイレクト接続 for Salesforceご要件に合わせID課金タイプまたはシステム間連携タイプから選択可能6万円~
ダイレクト接続 for SoftLayer*3帯域を確保したギャランティ接続にて提供個別見積
ダイレクト接続 for データセンタ-お客さまのデータセンターとの接続環境を提供個別見積
ダイレクト接続 for NTTPCクラウドNTTPCクラウド(カスタムクラウド®、ファイルサーバー等)やNTTPCデータセンター(ハウジング、専用サーバー等)との接続環境を提供個別見積
メニュー名は、アルファベット順に記載しています。*1:参考月額料金は税抜です、別途初期料金がかかります。*2:「Microsoft Azure」との閉域網接続は、エクイニクス・ジャパン株式会社が提供する「Equinix Cloud Exchange」を活用し、「Microsoft Azure」の閉域網接続サービス「ExpressRoute」に接続することで実現し提供します。*3:今後提供予定です。

(2)クラウドインテクレーション*4
クラウド利用に便利なインテグレーション機能です。

メニュー名概要
アプリケーションデータ連携
(EAI連携)
データ連携機能(各種クラウド、企業システムなどのユーザーインターフェイス仕様に適合化したデータ入出力、変換)により、システム間連携が可能。個々のクラウド仕様にとらわれないシステム構築が可能です。
一元監視サービスデスク各種クラウドを一元的に監視する、一次保守運用サービスを提供。煩雑になりがちな問い合わせや連絡などを集約し、お客さまをサポートデスク対応から解放します。
シングルサインオン各種クラウド及び企業システムのシングルサインオン機能を提供。アクセス利便性に加え、情報漏えい事件/事故の防止にも有効。
アクセスログ集中管理”誰が”、”いつ”、”どの”クラウド及び企業システムを利用・操作したか、アクセスログを記録。内部監査、不正アクセス抑止等に効果的。
暗号化データ保管データファイル単位はもちろんのこと、データ項目単位など、ご要望に合わせた暗号化が選択可能。より細分化された柔軟な暗号化設定により、クラウドセキュリティの安全性を強化し、かつ、クラウド利用の利便性を向上します。
*4:今後提供予定です。



【対応クラウド】
本サービスにて接続環境を用意するクラウドは、次のとおりです。
(クラウド名のアルファベット順に記載しています)

上記以外のクラウドにおいても、お客さまのご要望に合わせ接続環境を提供できます。
*今後提供予定です。



【利用ケース】
◆バックアップを低コストで実現! ~お客さまの拠点から各種クラウドへの接続


◆クラウドとハウジングの良いとこ取り! ~お客さま利用のデータセンターから各種クラウドへの接続


◆クラウドへのフルアウトソースが可能! ~NTTPCクラウド&データセンターから各種クラウドへの接続


◆各種クラウドのメリットをフル活用! ~各種クラウド間の接続


◆IoT/M2M、ビッグデータ収集や解析に! ~IoT/M2Mにおける各種クラウドへの接続



【ダイレクト接続 for Azure 提供スケジュール】
2015年1月30日 受付開始
2015年3月2日  提供開始

NTTPCは、お客さまのご要望に合わせ各種クラウドとの接続環境を順次拡大していきます。
今後もNTTPCは、インタークラウドネットワークと様々な他社クラウドとの接続環境を用意することで、お客さまが、プライベートネットワーク環境からシームレスに複数のクラウドをご利用できる環境づくりを目指していきます。



---------------------------------------------------------------------------------

アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、およびAmazon Web Servicesロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。Salesforce及びその他はセールスフォース・ドットコムの商標であり、許諾のもとに使用しています。Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。IBM SoftLayerは、米国における IBM Corporation の登録商標であり、それ以外のものは米国における IBM Corporation の商標です。「Master's ONE」「WebARENA」「Biz-agora」「カスタムクラウド」は、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。

---------------------------------------------------------------------------------

<お問い合わせについて>

【お客さまからのお問い合わせ】
株式会社NTTPCコミュニケーションズ
Master'sONE®インフォメーションセンター
TEL:03-6203-2731
E-Mail:msone@nttpc.co.jp
URL:http://www.mastersone.jp/

【報道機関からのお問い合わせ】
株式会社NTTPCコミュニケーションズ
営業本部 開発営業部 マーケティング担当
広報チーム:永里、林
TEL:050-3388-1664
E-Mail:pr@nttpc.co.jp
URL:http://www.nttpc.co.jp/

---------------------------------------------------------------------------------
プレスリリースに記載された情報は、発表時点のものです。
商品・サービスの料金、仕様、内容、お問合せ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

page top