ニュース・イベント

★経産省、「クラウド移行」に補助金35億円★ 今こそオンプレ更改のチャンス!(2014年11月末まで)


現在、経済産業省では、企業における情報システムの省エネ推進政策(*1)として、補助金の交付を通じた「クラウドへの移行支援」を行っています。
◎特設サイトはこちら

自社の情報システムを社内サーバーやデータセンターなどで構築している企業(公的機関などを含む)が、そのシステムを「クラウドサービス」に移行(*2)した場合、必要とされる移行費用およびサービス初期費用に対して「1/3」または「1/5」が補助金として交付され、コスト削減を図ることができます。

ただし、補助金の交付対象にはいくつかの条件を満たす必要があります。その主なポイントは次のとおりです。

・他の補助金交付を受けていないこと(*4
・保有する情報システム機器を、クラウドサービスへ移行後に除却できること
・移行後のクラウドサービスを、最低1年以上継続利用すること
・クラウドサービスに移行することで、使用電力の省エネルギー化が実現できること
・補助金額の上下限が、定められた一定の範囲内であること

◆ココがポイント!◆
この補助金制度は、電力使用量の計測や交付申請書の作成・申請、事後報告など、さまざまな事務手続きが必要です。NTTPCコミュニケーションズ(以下、NTTPC)では、リソースやノウハウ面で不安を抱えるお客さまのために、一連の事務手続きをサポートいたします。


【補助金の率および額】
補助金の率は、中小企業の場合(*5)は補助対象となる経費の「1/3」、中小企業以外の場合は「1/5」となります。なお、注意すべきポイントとして、「補助金額の下限が20万(上限は「1/3」の場合は1,500万、「1/5」の場合は3,000万)」という条件に留意してください。


【補助対象となる主な経費(*6)】
・移行作業費:設計/構築/試験作業・データ移行作業・リリース作業等の費用など
・物品・サービス費:移行作業に利用する物品費・移行後の新サービス初期費用・新旧システム並行稼動期間中の新サービス月額費用など

【主なスケジュール】


本件に関する詳細については、お気軽に下記までお問い合わせください。

【問い合わせ先】
株式会社NTTPCコミュニケーションズ 総合受付
◎特設サイトはこちら
Mail:cloud-info@nttpc.co.jp
Tel:0120-725-571


*1事業名:経済産業省「平成26年度 中小企業等省エネルギー型クラウド利用実証支援事業費補助金(データセンターを利用したクラウド化支援事業)」
*2 経済産業省指定のクラウドサービスに限る。NTTPCでは、次の複数サービスが認定されています

◇サービス分類◇サービス名称
IaaSWebARENA 専用サーバーサービス
Biz-agora クラウドコンポーネント
Biz-agora ファイルサーバー
Biz-agora AD認証
SecurityBOSS ネットワーク・ストレージサービス オンラインストレージ
SecurityBOSS ネットワーク・ストレージサービス バックアップストレージ「開放プラン」
アレクソン クラウドバックアップサービス
カスタムクラウド
SaaSBiz-agora ビジネスアプリケーション
Biz-agora スマートUI
MailLuck!
MailBOSS

*3 NTTPCコミュニケーションズは「システム移行事業者」および 「クラウドサービス事業者」を兼ねております。「システム移行事業者」とは、お客さまのシステム移行の際に移行作業を行うITベンダーのことを指します。「システム移行事業者」と契約する場合は、原則として競争入札を行う必要があります。また、「クラウドサービス事業者」とは、お客さまがシステム移行するクラウドサービスの提供事業者を指します
*4 補助事業の補助対象経費と国から他の補助金(負担金、利子補給金並びに適正化法第2条第4項第1号に掲げる給付金並びに同第2号の掲げる資金を含む)等の補助対象経費が重複する場合は、補助対象外
*5 中小企業基本法第2条に準じ、次の通り中小企業者が定義されています

*6 移行企画/要件定義作業費・撤去/除却費用・諸経費・消費税・新旧システム並行稼動終了後の新サービス月額費用などは対象外
*7 交付決定額の合計が公募予算額に達した場合、公募期間内であっても公募の受付を終了することがあります
*8 補助事業の詳細については、執行団体である環境共創イニシアチブにお問い合わせください

page top