事業ICT

コンテンツ事業者 サービス企画部門

サービス基盤にかかる投資コストをなるべく抑えたいが、トラフィックやサーバーリソースの過不足が予測しにくく、サイジングや拡張性がボトルネックに…

コンテンツ事業者 サービス企画部門

  • パブリッククラウドと専用環境の使い分けで、投資コストを適正化

    ヒット予測が難しく、トラフィック量が判断しにくいコンテンツビジネスの特性を考慮し、開発環境や新サービス環境はパブリッククラウドを活用。トラフィック量に応じた柔軟なリソース拡張により冗長なサイジングの必要がなくなり、スモールスタートによるコスト削減とスピーディな立ち上げが可能になった。会員データベースサーバーはデータセンター上の専用物理環境に構築し、インターネットを経由しない閉域ネットワークでパブリッククラウド環境とダイレクトに接続することでセキュリティを確保。
    一方、一定量かつ安定的な成長率を示すヒットコンテンツに関しては、データセンター上の専用物理環境+専用線の組み合わせを選択することで、さらなるコスト適正化を実現した。

解決ソリューション

サービス・ソリューションに関するご相談もお気軽にご連絡ください。

NTTPCコミュニケーションズ総合窓口

0120-725-571

受付時間 9:30~17:30(土日祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ・資料請求