サービス / 製品から探す

Salesforce®連携サービス メール履歴と顧客 / 案件情報を紐付ける、
Salesforceユーザー向け拡張アプリケーション
MessageCare® for Salesforce MessageCare for Salesforce

1.複数部門における顧客対応の状況を共有・一元化

営業とカスタマーサポートなど複数部門で顧客対応を行う際に課題となるのが「どのように対応履歴を共有するか」。情報共有不足により、認識に齟齬が発生した結果、誤った対応をしてしまった…というケースも多く見られます。
メーリングリストを活用している場合、情報管理は個人任せのため、途中参加のメンバーは過去の履歴が分からない、といった問題が発生します。
こういった問題を解決するには「顧客単位で対応履歴の共有化」が必要。メールなどの情報もすべてSalesforceに集約することで、複数部門をまたぐ場合でも常に現状を把握でき、質の高い対応が可能です。

MessageCare for Salesforce:ご利用シーン_01

2.部門をまたいだ案件を、迅速かつ的確に引き継ぎ

マーケティング部門などがキャンペーンで獲得した新規案件を営業部門に引き継ぐ際には、案件情報の共有が必須。しかし、担当者の主観による案件情報の引き継ぎでは、要望の伝え漏れなどから提案機会を逃してしまうこともあります。
このようなケースでは、過去のメール履歴を顧客・案件単位でまとめて保存しておくことで、営業担当者は「誰が」「いつ」「どんなやり取りをした」という情報を正確に把握でき、確実な提案につなげることができます。
営業担当者によって追加登録される進捗状況により、マーケティング担当者はキャンペーン施策の効果を確認できるといったメリットも期待できます。

MessageCare for Salesforce:ご利用シーン_02

3.関連部署への迅速な依頼で、顧客対応時間を短縮

営業担当者が顧客から受け付けた要望やクレームなどについて、複数の部署と協力し対応することは珍しくありません。しかし、外出の多い営業担当者にとって隙間時間にメールを確認し、迅速に依頼事項を共有することは至難の業。
特に、モバイル端末ではメールとSalesforceのアプリケーションが異なり、入力に手間が掛かるため、会社に戻ってから…とつい後回しになりがち。
社内SNSのChatterとメールが連携するMessageCareでは、営業担当者はメール情報をタップ操作のみでChatterに投稿。素早く関連部署にその内容を共有、対応を依頼でき、対応時間の短縮につながります。

MessageCare for Salesforce:ご利用シーン_03

サービス、ソリューションについてもお気軽にご相談ください。

NTTPCコミュニケーションズ総合窓口

0120-725-571

受付時間 9:00~18:00(土日祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ・資料請求

※Salesforce、Chatterおよびその他は、セールスフォース・ドットコムの商標です。
※「MessageCare」は、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。

page top