サービス / 製品から探す

IoT 機器・センサーの高セキュリティなIoT通信を
簡単・低コストに実現
IP-WARP® サービス / 製品ロゴ

おすすめユーザー

概要

IP-WARPは、NTTPC独自の技術をベースに、POS、複合機、センサー、制御・監視機器をはじめとする機器と、お客さまのクラウドなどを結ぶセキュアなネットワーク環境を実現するVPNサービスです。インターネットへの接続環境があれば、既存ネットワークはそのままで、専門知識がなくても、簡単・低コストでネットワークの構築が可能。遠隔地の各種デバイスが特定できるので、常時、“モノ”の制御やデータの収集が行えます。

IP-WARP 概要図

特長

特長1サーバーやクラウド側からデバイスを特定し、監視・保守メンテナンスやデータ収集が可能

IP-WARPはデバイスのIPアドレスを特定できるので、インターネットから分離された閉域LAN環境であっても、デバイス単位でデータを収集することやデバイスの監視・保守メンテナンスができます。POSデータやセンサーが検知したデータ、そして保守メンテナンスに必要なデバイス自体の状況なども、遠く離れたセンターで把握できます。

IP-WARP 特長1:サーバーやクラウド側からデバイスを特定し、監視・保守メンテナンスやデータ収集が可能

特長2外付け型とソフトウェア型のラインナップで多様なデバイスに対応

IP-WARPは、複数デバイスを1台のゲートウェイに集約し、自社のクラウド環境と結ぶ「外付けゲートウェイタイプ」と、デバイスに組み込めるソフトウェアを提供する「組み込みソフトウェアタイプ」の2種類をラインナップ。デバイスの種類や、企業の利用目的に適したタイプがチョイスできます。

特長3海外拠点のデバイスとのセキュアなネットワークも低コストで実現

インターネットにつながる環境であれば、世界各国に配置された各種デバイスと自社クラウド上のサービスセンターなどとを結ぶセキュアなネットワークをIP-WARPで容易に実現できます。しかも、既存のネットワークを変更する必要がなく、低コストかつスピーディに構築可能です。

IP-WARP 特長3:海外拠点のデバイスとのセキュアなネットワークも低コストで実現

主な機能

セキュアなオーバーレイトンネリング技術

既存ネットワーク環境上にセキュアなトンネルを常時確立。トンネルが切断された場合、切断を検知し、自動的にトンネルを再生成します。また、インターネット回線を利用しながらも、暗号化により、高いセキュリティを確保してトンネル構築が可能です。ファイアウォールやルーターなど、既存ネットワーク環境を意識せず、簡単に仮想ネットワークが構築できます。

※本「トンネリング技術」は、下記の国際特許を取得しています。
特許取得国:日本国特許第4231042号、韓国特許第10-0949355号、中国特許ZL 2006 8 0042934.5、欧州特許庁登録番号第1950918号(指定国:イギリス・ドイツ・フランス・スペイン・オランダ・スウェーデン・フィンランド・ポーランド)、米国特許第8717941号

提供形態

導入事例

資料ダウンロード

「IP-WARP」パンフレット(PDF形式、8,607KB)

本PDFをご覧いただくには、「Adobe®Reader®」が必要です。
正常に開かない場合は、お手数ですが下記より最新版をダウンロード(無償)してから再度お試しください。
最新版の無償ダウンロードはこちら

サービス、ソリューションについてもお気軽にご相談ください。

NTTPCコミュニケーションズ総合窓口

0120-725-571

受付時間 9:00~18:00(土日祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ・資料請求

関連サービス

パートナーの皆さまへ

NTTPCでは、今回ご紹介したIP-WARPを利用して、自社製品のIoT化をめざすパートナーを募集しています。POSや複合機、センサーなどの監視装置や制御機器類などのベンダーの皆さま、お気軽にお問い合わせください。

パートナー募集 さらに詳しく

トピックス

※「IP-WARP」、「Master'sONE」および「カスタムクラウド」は、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。

page top