サービス / 製品から探す

IoT Field Cloud® / フィールドクラウド 要件に応じて、外付け・組み込みの2つ方式から選べる 通信端末 Field Cloud®

おすすめユーザー

概要

フィールドクラウドでは、IoTプラットフォームへセンサーなどエンドデバイスをつなぐ2種類の通信端末方式を用意しています。

1. 通信端末外付け方式
外付け方式は、「ルータータイプ」「IoTゲートウェイ(Linux Boxタイプ、Linuxボードタイプ)」から、お客さまの機器や要件に応じて選択できます。

2. デバイスエージェント組み込み方式
組み込み方式は、お客さまの製品にデバイスエージェントアプリを組み込みます。デバイスエージェントは開発者サイトで技術公開しており、お客さま自身で開発・試用することが可能です。

特長

特長1通信端末外付け方式:お客さま機器に手を入れることなくIoT化

センサーなどエンドデバイスを通信機器に通信して、IoTプラットフォームへデータを送信します。

  • ルータータイプ
    IoTの利用を想定した据置型のワイヤレスルーターです。主にデータロガーを通信する際に使用します。 ※IoTプラットフォームとつなぐ際には、データ変換オプションを利用する必要があります。
  • IoTゲートウェイ(LinuxBox, Linuxボード)
    Linux OS搭載のマイクロサーバーで、デバイスエージェントを動作させることができます。「据置型Boxタイプ」と、お客さま製品に追加する「組み込み用ボードタイプ」を用意しています。IoTプラットフォーム通信確認済み機器を選択した場合、お客さまの作業は機器とのソフトウェア・インテグレーションのみとなるので、開発工程を短縮できます。

特長2デバイスエージェント組み込み方式:機器自体をIoT化

機器にデバイスエージェントを組み込むだけでHTTP通信や暗号化などを実装し、IoT化を実現します。
デバイスエージェントは開発者支援サイト「DevCenter」で技術公開しています。プロトタイプの制作も可能です。

通信端末ラインナップ

M2Mルーター Rooster RX110

無人環境でも安定運用が可能な自律接続維持機能(ASC:Automatic Stable Connection)を搭載し、基本ルーター機能に加え、「フレッツ光」などのアクセスサービスや、VPN機能(IPsec、PPTPサーバー)に対応した、M2Mルーターです。高機能ながらコンパクト設計で、小型かつローコストでの提供を可能にしました。

  • 上り最大5.7Mbpsの高速パケット通信に対応
  • コンパクトなサイズながら多様なルーター機能を搭載
  • 低消費電力を実現
  • 広い温度範囲、各種電源電圧に対応可能
  • 自律接続維持機能(ASC:Automatic Stable Connection)を搭載
  • 無線LAN対応モデル有り

関連リンク: http://www.sun-denshi.co.jp/sc/rx110/

製造元:サン電子株式会社

M2Mルーター Rooster H100

u-blox社製の通信モジュール「LISA-U200」を搭載した「H100」は、ネットワークカメラを利用した遠隔監視や、デジタルサイネージのコンテンツ配信など、通信速度が求められるソリューションの用途に適した、ハイスピードの通信性能を備えたモバイルルーターです。

  • 上り最大5.7Mbpsの高速パケット通信に対応
  • 外付けアンテナ方式で、機器組み込みへの自由度アップ
  • VPN(IPsec)機能を標準搭載
  • 自律接続維持機能(ASC:Automatic Stable Connection)を搭載
  • 高度なルーター機能を標準搭載

関連リンク: http://www.sun-denshi.co.jp/sc/h100/

製造元:サン電子株式会社

「Xi」/「FOMA」ハイスピード対応高速通信ルーター
Sky Bridge MB-A100シリーズ

WAN側のネットワーク回線として、「Xi」(FDD-LTE)/「FOMA」ハイスピード(HSDPA/HSUPA)※ネットワークに対応。「Xi」(クロッシイ)※による超高速データ通信を実現すると共に、既存の全国人口カバー率100%※1の「FOMA」ハイスピード※に対応し、広いエリアでの使用が可能です。

※1 全国人口カバー率100%を2008年12月26日に達成。(「 人口カバー率」は、市町村の役場が所在する地点における通信が可能か否かを基に算出しています。)

  • Wi-Fiアクセスポイント機能を搭載(MB-A110)
  • WAN側回線は無線・有線の両方をサポート
  • 内蔵アンテナを搭載
  • コンパクトなサイズで縦置き・横置きが可能
  • 様々なインターフェースを搭載
  • 車載でも使える幅広い電源電圧に対応(DC9~32V)

関連リンク: http://www.seiko-sol.co.jp/hardware/mb/mb-a100/

製造元:セイコーソリューションズ株式会社

3Gモジュール内蔵ルーター uM200R Type-M

高速パケット通信(HSPA方式)に対応したM2M(Machine to Machine)向けダイアルアップルーター。各種インターフェース・機能をサポートし、様々な用途での利用が可能。

  • 高速パケット通信HSPA方式に対応
  • 様々な設置環境に対応した高利得アンテナ
  • M2M用途に適応した仕様・機能
  • 有線LAN、無線LAN、シリアル、音声インターフェース搭載
    (1) LANインターフェース(3ポート)
    (2) シリアルインターフェース(RS-232C×1ポート)
    (3) 音声インターフェース(イヤホンマイクジャック 4極2.5φ)
    (4) 無線LAN機能搭載(オプション)
    (5) AUXインターフェース(拡張用オプション)
  • パケットフィルタリング機能によるセキュリティ対策

関連リンク: http://necmagnus.jp/m2m/um200r.html

製造元:NECマグナスコミュニケーションズ株式会社

小型・省電力なLinux搭載ゲートウェイ「Armadillo-IoT」

省電力・小型組み込みプラットフォーム「Armadillo(アルマジロ)」をベースとした3G通信対応のIoT向けゲートウェイです。アドオンモジュールを載せ替えることで各種機器の接続にフレキシブルに対応できるのが特長です。

  • アドオンモジュールで柔軟に拡張し、各種機器/センサーに接続
  • Wi-SUN/EnOcean/BLE/無線LAN等の無線通信に対応
  • シリアル(RS232C/422/485)、接点入出力、ADコンバーターに対応
  • Linuxベースで自由にソフトウェア開発、無償の開発環境を提供
  • C/C++のほかJava 8/Rubyでのソフトウェア開発に対応
  • MQTT client/fluentdなどWebフレンドリーなミドルウェアを標準搭載

関連リンク: http://armadillo.atmark-techno.com/armadillo-iot

製造元:株式会社アットマークテクノ

高い柔軟性を持つM2M組込み型CPUモジュール「CM-3G」

CM-3Gは、3Gチップとアプリケーション用のハイエンド・プロセッサより構成されている組込み型CPUモジュールです。 また、各種I/Oを搭載した”開発ボード” や ”LinuxSDK”と併せて使用することで様々な機能を自由に組合わせることが可能になり、思いどおりの製品化がおこなえます。 製品の試作と評価をスピードアップできるなど、独自の製品を作成したいお客様に最適な出発点となる製品です。

  • センサーデータ・音声・画像を3G回線(docomo網)でデータ通信
  • 名刺サイズのコンパクト設計
  • 動作温度範囲:-30℃~+85℃に対応
  • 産業用途でも利用可能な組込みモジュールの長期安定供給
  • 必要な環境が揃った開発キットを提供
  • 開発ボードに豊富なI/Oを搭載
    UART(RS-232C/RS-485)、Ethernet、USB(HOST)、オーディオ(音声通話、VoIP)、I2C、GPIO、無線LAN、JTAG 他
  • Linuxプリインストールおよび豊富なドライバー提供による開発期間の大幅な短縮

関連リンク: http://www.computex.co.jp/products/m2m/index.htm

製造元:株式会社コンピューテックス

シエラワイヤレス社製 M2M通信モジュール

シエラワイヤレス社は携帯電話ネットワークを通じたM2M モジュール、ソリューションを提供するグローバルシェアNo.1ベンダーです。2G(GSM)、3G(W-CDMA)、4G(LTE)でのピンコンパチモジュールの提供により、用途、仕向地を選ばない共通統合プラットフォームの実現が可能です。また、最小で22x23mmのモジュールにより今後より一層の拡大が見込まれるM2M/IOT市場に向けてお客さまに適した組み込みソリューションを提供します。

<参考>
※「グローバルシェアNo1」の根拠: 2010年度米国ABリサーチ社発表データ
※「最小で22x23mmのジュール」: シエラのラインナップの中で最小のモジュールが22x23mmであるという意

  • 多彩なラインナップ:アプリケーションに応じた各種フォームファクターを提供
  • 共通プラットフォーム:ワンサイズ・ワンデザイン・ワンフットプリントで2G~4G且つ次世代テクノロジーも対応可能
  • 動作温度範囲の拡張:-40℃ to 85℃ industrial対応
  • 高信頼性:IEC, MIL spec 各種規格への対応
  • 小型化、薄型化:22x23mm LGA package moduleを用意
  • グローバル対応:各国キャリアに対応した2G~4Gモジュールをラインアップ
  • ロイヤリティ・ライセンス込の価格設定:特許侵害問題を未然に防止
  • プロフェッショナルサービス:海外キャリアIOT代理認証サポート等

関連リンク: http://www.altima.co.jp/products/sierrawireless/

製造元:シエラワイヤレス社 国内正規代理店:株式会社アルティマ

お客さまのご要望により、お客さま自身の端末(データロガー、プローブ端末、通信端末)を利用し、NTTPCよりデバイスエージェントのみを提供することも可能です。

無料トライアル

無料トライアル(検証環境提供)実施中!開発者支援サイト「DevCenter」

資料ダウンロード

本PDFをご覧いただくには、「Adobe®Reader®」が必要です。
正常に開かない場合は、お手数ですが下記より最新版をダウンロード(無償)してから再度お試しください。
最新版の無償ダウンロードはこちら

ラインナップ

サービス、ソリューションについてもお気軽にご相談ください。

NTTPCコミュニケーションズ総合窓口

0120-725-571

受付時間 9:00~18:00(土日祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ・資料請求

関連サービス

※「Field Cloud / フィールドクラウド」「Master'sONE」および「カスタムクラウド」は、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。

page top