サービス / 製品から探す

セキュリティ 停止が許されない重要なサービス基盤-。
DDoS攻撃によるインターネットサービスの停止から
お客さまの事業基盤を守る
DDoS対策サービス

おすすめユーザー

概要

NTTPCのバックボーンネットワーク上にある設備にて、ご契約中のインターネット回線・サーバー向けのDDoS攻撃に対する検知 / 防御を行います。攻撃として検知されたトラフィックのみ排除される仕組みになっているため、お客さまネットワーク環境に負荷をかけることなく、安定したインターネット接続環境を実現。停止の許されないミッションクリティカルなサービス基盤を保護し、ビジネス停止による重大リスクを低減する、通信事業者ならではのセキュリティサービスです。

NTTPCのインターネット接続サービス「InfoSphere」、およびデータセンターサービス「WebARENA Symphony」のインターネット接続回線(専用線タイプ)のオプションとして本サービスをご利用になれます。

DDoS対策サービス概要図1
DDoS対策サービス概要図2

DDoS攻撃とは?

DDoS攻撃とは、ネットワークを通じた攻撃手法の一種で、インターネット上の公開システムへ処理負荷を与えることで、システム機能停止を狙った攻撃です。お客さま側で、公開サーバーの前段にDDoS対策製品などを導入していても、ご契約中のインターネット回線帯域が逼迫してしまう可能性があり、必ずしも実効的な対策とは言えません。

DDoS攻撃とは

特長

特長1通信事業者だからできる、強大で高度な攻撃からの防御-。

DDoS攻撃は以前から発生している脅威ではありますが、最近では、数100 Gbpsを超える大規模攻撃や、アプリケーションレイヤの攻撃を組み合わせたマルチベクトル型といった攻撃の強大化・高度化が進んでいます。
これらの攻撃から防御するためには、高帯域なネットワーク基盤に高度な攻撃への対処が必要になり、インターネット利用者自身での対策が難しくなりつつあります。
しかし、NTTPCのバックボーンネットワーク上にあるDDoS専用対策装置により、お客さまのネットワーク環境に負荷をかけることなく、強大で高度なDDoS攻撃の検知・防御を実現します。

DDoS対策サービス:特長1

特長220万 / 月~から!優れたコスパで通信事業者並みの高度なDDoS対策を実現!

月額20万円 / 税別(100Mbpsの回線利用時)からのご利用料金で対策できます。ご利用中の回線帯域に合わせた料金体系となっており、お客さまのご利用規模に合わせた「過剰でない」「実効的な」DDoS対策を可能にします。

※NTTPCのインターネット接続サービス「InfoSphere」、およびデータセンターサービス「WebARENA Symphony」のインターネット接続回線(専用線タイプ)へのオプションとして提供します。
それぞれのサービスで、ご契約中の回線帯域に応じたメニューをご選択ください。

特長3DDoS対策に対する豊富なノウハウ・知見を活用!

NTTPCは、インターネット接続環境、DNSサービス、ホスティングサービスのプロバイダーとして、安定したサービス提供を実現できるよう長年努めてきました。そのなかで、様々なDDoSへの対処を数多く経験しており、本サービスの機能のみならず、他にも多くの対策を講じております。

①インターネット接続サービスとしてのDDoS対策
NTTPCのネットワーク設備をDDoSから防御する目的で、可視化装置、ルーティング制御、帯域制御などによる運用対処の実績があります。

②DNSサービスにおけるDDoS対策
NTTPCが提供するDNSサービスにおいて、独自の検知アルゴリズムにてDDoS攻撃を検知・緩和している運用実績があります。

③ホスティングサービスとしてのDDoS対策
NTTPCが提供するホスティングサービスにおいて、サーバーのプロセス監視からネットワーク装置まで用いた複合的なDDoS対策を実施している実績があります。

サービス、ソリューションについてもお気軽にご相談ください。

NTTPCコミュニケーションズ総合窓口

0120-725-571

受付時間 9:00~18:00(土日祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ・資料請求

関連サービス

※「WebARENA」「InfoSphere」は、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。

page top