サービス / 製品から探す

クラウド基盤 事業ニーズに合わせてカスタマイズ可能な、
拡張性に優れたハイブリッドクラウドサービス
カスタムクラウド®

社内事業基盤更改計画

SaaSのクラウド化をご要望に合わせて支援

SaaS事業者は、事業基盤であるモバイルマーケティングSaaSをNTTPCのカスタムクラウドで更改しました。導入にあたっては、「エンドユーザー情報管理・属性解析のために高速DBを利用したい」「個社向けカスタマイズ提供用に他社VPN回線に接続したい」「契約企業規模に応じたサーバー台数・IPアドレス・ネットワークの拡張を実施したい」という要望が寄せられました。

NTTPCでは、カスタムクラウドとLANで直結したハウジング設備(WebARENA Symphony)に高速DBを構築。他社VPNとの接続は、中継ラック経由でネットワーク機器に接続し、対応するアドレス設計を実施しました。また、柔軟な拡張は個別ヒアリングによる設計に加え、お客さまとの定例会を開催することで実現しています。

カスタムクラウド 利用シーン:SaaSのクラウド化をご要望に合わせて支援

社内ICT環境更改計画

オンプレミスのICT環境をクラウドサービスに移行

某製造業企業では、社内ICTの更改時期に合わせてシステムをオンプレミスからクラウドへ移行、その移行先としてNTTPCを選ばれました。当初は従来通りオンプレミスを検討したものの、数年後にまた更改が必要となるためにクラウドへの移行を決定。ただし、顧客情報・経営情報など機密性の高い情報を安全に管理することは必須条件でした。また、私用端末を利用して業務システムへリモートアクセスしたいという社内のご要望にも応えることにしました。

NTTPCでは、お客さまの利用状況に合せてアプリケーションを仮想環境、専用環境、仮想環境/専用環境併用に分類。Webアプリは主にカスタムクラウド、高トラフィックのアプリとDBはWebARENA専用サーバーに移行しました。また、機密性の高い情報を安全に保管するためにBiz-agoraファイルサーバーを導入。モバイル端末のBYOD対応には、Master'sONEセキュアリモートアクセス(SRA)を採用するなど、お客さまの要望に合わせ社内ICT環境のクラウド化を実現しました。

カスタムクラウド 利用シーン:オンプレミスのICT環境をクラウドサービスに移行

新規ビジネス参入計画

電力自由化に向け「エネルギー監理システム」を立ち上げ

某サービス事業者は、電力自由化を契機に「エネルギー監理システム(EMS)ソリューション」を立ち上げ、新たに電力ビジネスへと参入しました。そのソリューションプラットフォームに選ばれたのが、NTTPCのカスタムクラウドです。新たなソリューションでは、契約者設備の稼働データを効率的、かつ安全にクラウドへ自動転送する必要があります。また、オンサイト保守を避けてメンテナンスを効率化するとともに運用コストを抑えたいというご要望も寄せられました。

NTTPCは、ソリューションプラットフォームをカスタムクラウド上に構築することを提案しました。契約者設備のデータをクラウドへ転送する仕組みは、セキュリティを確保しながらセンサーからクラウドへ転送できるMaster'sONEモバイルM2M(VPN)を採用。また、メンテナンスの効率化は、遠隔地の拠点からリモート保守が可能なMaster'sONEセキュアリモートアクセス(SRA)で実現しました。

カスタムクラウド 利用シーン:電力自由化に向け「エネルギー監理システム」を立ち上げ

無料トライアル

1カ月間無料のトライアルを用意しています。お気軽にお問い合わせください。

<トライアルにてご利用になれる機能(例)>
・仮想サーバ(複数台でのトライアル可)
・仮想ルータ(FW・LB機能含む)
・OS(Windows/Linux)
・上記機能のコントロールパネル操作
・その他要相談

無料トライアルお申し込み

サービス、ソリューションについてもお気軽にご相談ください。

NTTPCコミュニケーションズ総合窓口

0120-725-571

受付時間 9:00~18:00(土日祝日・年末年始を除く)

お問い合わせ・資料請求

※「カスタムクラウド」は、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。

page top