会社情報

CSV活動

私たちNTTPCコミュニケーションズは、CSV(Creating Shared Value=共通価値の創造)の考え方を「NTTPC Credo」のもと、社会的価値の実現を通じて事業価値や競争力を確立していきます。

NTTコミュニケーションズグループ「CSR優良施策発表会」で優秀賞受賞

2015.12.2 第二回NTT Comグループ「CSR優良施策発表会」

第二回NTT Comグループ「CSR優良施策発表会」
  • 「IoTを活用した有害鳥獣被害対策」

が「優秀賞」を受賞しました。

2015.5.20 第一回NTT Comグループ「CSR優良施策発表会」

第一回NTT Comグループ「CSR優良施策発表会」
  • 「Intelligent Toiletによる「おなら」ビックデータ分析クラウド~実証実験と事業化の検討~」
  • 「M2M技術を使った次世代水道メーターの開発について」

の2件が「優秀賞」を受賞しました。

NTTPCは、こんなCSVサービスを提供しています

各サービス担当者のコメントと合わせ紹介します。

Master'sONE モバイル 2008年10月サービス開始

社会に貢献していることについて

タブレットやノートPC、スマートフォンなど”見える”部分から、センサー内や業務用機器内など”見えない”部分まで、時代のニーズに応える形でMaster'sONE モバイルはラインナップを拡充して参りました。
おかげ様で年間1万を超えるペースで回線数が増えており、NTTPCのサービスが社会に浸透・貢献していることを強く認識しております。
一方で、モバイルに対するセキュリティの脅威は年々増しており、モバイル+閉域網という本サービスが求められる役割は、今後さらに大きくなってくるものと思われます。

今後、どんな場面で社会に貢献できそうか

本来モバイルは、外回りや移動中などに業務を補助する役割として貢献してきました。
今後、働き方や場所を問わない、いわゆる”テレワーク”を選択されるお客さまが増えるにつれ、業務”補助”ではなく業務”メイン”にモバイルが利用されるケースが増えてくると予想されます。
また、従来通話機能を主体としてた携帯電話も今ではファイル編集、メール閲覧、果ては業務PC操作と通話以外の業務的役割が高まっています。
このような社会や時代の変化に寄り添ったサービスを提供することで、社会に貢献できると考えています。

サービスの詳細はこちら

Master'sONE インタークラウドネットワーク 2015年2月サービス開始

社会に貢献していることについて

2013年からMaster'sONEとAWS(Amazon Web Services)を閉域で接続するサービスとして開始しましたが、2015年には、120社を超えるお客さまが、ご利用に至っています。
昨年の11月からMicrosoft Azureについても閉域接続を開始しました。
AWSやAzureなど、パブリッククラウドは利便性や拡張性に富んでいる一方、お客さまは(根拠の有無は別として)根強くセキュリティ面での不安があり、私たちのサービスを介して利用することで、その不安を払しょくし、安心したご利用に至っています。

今後、どんな場面で社会に貢献できそうか

お客さまのオンプレミス環境のクラウド化は、今後も進んでいき、それに伴い働いている方々の仕事の仕方にも広がりが出てくると思っています。
Master'sONEには、リモートワークや在宅勤務などに適したサービスメニューもありますので、これらとインタークラウドネットワークを組み合わせることで、お客さまのこれからの変化に対応したネットワークサービスを提供できると思っています。

サービスの詳細はこちら

Master'sONE 無線LANサービス 2014年2月サービス開始

社会に貢献していることについて

無線LANサービスは、Wi-Fi技術を使い、企業のお客さまのオフィスや店舗などに有線ケーブルなしで快適な通信環境を提供するサービスです。
ご利用くださっているお客さまが無線を活用し、快適な通信環境にご満足されていることをうれしく思います。 また、企業活動のインフラを担う立場として責任を感じています。
開発・検証・構築・デリバリー・保守、それぞれの担当が、自分の役割を果たし、一丸となることで、安全なサービスを安定して提供出来るように取り組んでいます。

今後、どんな場面で社会に貢献できそうか

無線LANサービスをご利用になる事で、お客さま側の管理者の運用負担を軽減しながら、タブレットなどのモバイル端末利用を促進し、企業の業務効率を向上させることができます。
無線は有線に比べて通信の傍受などや不正アクセスによる情報漏えいなどのリスクが高くなるため、それらの対策をサービスに実装することで安全な企業インフラを提供する事が社会への貢献だと思ってます。

サービスの詳細はこちら

Master'sONE ネットワークUTM 2011年2月サービス開始

社会に貢献していることについて

お客さまの業務において、インターネット接続は必要不可欠になりましたが、その反面、企業データや個人情報などを狙った脅威が多様化・巧妙化してきています。
従来のファイアウォールだけでは対応できなくなってきており、お客さまは専門スタッフの配置、設備投資、運用コストなど、セキュリティ対策に追われている状況だと思います。
「ネットワークUTM」はファイアウォールだけでなく、業務に関係ないWeb閲覧を防止できる『URLカテゴリフィルタ』やWebウィルス感染を防止できる『Webウィルススキャン』などのセキュリティ機能を提供するサービスとなりますので、お客さまのセキュリティ対策に関する運用・コストの軽減化ができるのではないかと思います。

今後、どんな場面で社会に貢献できそうか

必要性も重要性も認識されていながら、運用負担やコスト上の問題からついつい後回しにされがちなセキュリティ対策。
今後、お客さまサーバーのクラウド化やマイナンバーなど、ますますセキュリティ対策は重要になっていくと思います。 NTTPCはお客さまの負担を最小限にしつつ、動きの早い時代に合わせたセキュリティ機能を、今後も開発・提供していき、貢献していきたいと思います。

サービスの詳細はこちら

Master'sONE IP-VPN(SIV-HS) 2012年6月サービス開始

社会に貢献していることについて

SIV-HSはこれからのクラウド時代に向け、従来のエントリーVPNよりも低遅延・高帯域をコンセプトに開発したサービスです。
いち早くIPv6ネイティブ方式を採用した、NTTPCらしいサービスの一つだと思ってます。
サービス当初は速度最優先で開発したこともあり、さまざまなトラブルもありましたが、営業フロントやバックヤード部隊の協力もあり、約3年間ほどで約8,000回線にもなりました。
お客さまからも従来のエントリーVPNに比べ、速度・遅延が改善されたというお声を頂戴し、クラウド時代に向けた基盤づくりに貢献できたと思います。

今後、どんな場面で社会に貢献できそうか

今後は、さらに機能の追加や拡充を行うとともに、パブリッククラウドをシームレスにつなぐインタークラウドを提供することで、お客さまがオンプレミスサーバーを利用するのと同じくらい、使い勝手のよいネットワークを提供していきたいと思います。

サービスの詳細はこちら

フィールド業務マネージャー 2014年5月サービス開始
MessageCare for Salesforce 2014年10月サービス開始

社会に貢献していることについて

手探りで始めたサービスでした。開始当初は不安もありましたが、多くの引き合いを頂戴する中で、不安が確信に変わっていきました。
本サービスはアプリケーションサービスということで、NTTPCの中では馴染みが薄い商材ですが、注力している分野の一つなのは確かです。
サービスの提供を通して感じた最大の魅力は、『お客さまと共にサービスを作り上げていく』という点です。
開発したものをお客さまの意見と照らし合わせ、ブラッシュアップさせる。
そして、そのお客さまの業務において不可欠な一部になるまで高めていく。
このようなお客さまに寄り添う開発のしかたを通して、今後もさらに貢献できるよう、邁進していきたいと思います。

今後、どんな場面で社会に貢献できそうか

フィールド業務マネージャーについては、現在新しいトレンドでありNTTPCも注力しているIoTの分野なので、今後はより貢献度が増すと考えています。
IoTはネットワークで接続された機器から取得したデータを収集・分析し、新たなビジネスチャンスを創造するテクノロジーです。
メーカーは機器の販売だけでなく、機器のデータをリアルタイムに取得することで、効果的なアフターサービスが可能になります。
そのような製造・販売後のサポート業務において、効率的な手配・進捗管理を実現するフィールド業務マネージャーは、新たなビジネスチャンスを素早くつかむことができ、収益拡大を目指すお客さまを強力に支援できると自負しています。
また、MessageCare for Salesforceは、Salesforceとメールサーバーの連携を実現するサービスですが、基礎技術としてはクラウドとクラウド、オンプレミスとクラウドのデータを連携させるものとなります。
注目されているハイブリットクラウドにおいて、 Salesforce だけでなく、さまざまなクラウドを組合わせて利用する際にも、お客さまが抱える課題を解決する手段となりえると考えています。
今後もNTTPCのサービスビジョンである、『Create New Value by CDI(Cloud Data Integration)』を体現する先鋭的なサービスを目指していきたいと思います。

サービスの詳細はこちら

BizBox UTM 2013年10月サービス開始(初代提供機器は2009年7月から)

社会に貢献していることについて

Bizbox UTMはNTT東西会社が中小企業向けに提供しているセキュリティ装置です。
NTTPCはNTT東西向けに機器をOEM供給するとともに、Security BOSSという、装置の運用監視サービスを提供しています。
最近は世の中でさまざまなセキュリティ事故が発生し、認知度が上がってきましたが、数年前まではエンドユーザーはもとより、NTTの営業担当ですらセキュリティ対策の重要性を理解してくださる方が少なく、セキュリティのイロハから各地の営業所での勉強会や営業同行を通じて、啓発活動を行ってきました。
Bizbox UTMを導入することにより、単なる情報セキュリティの対策だけではなく、エンドユーザーの会社、取引先、従業員、その家族、積み上げた信用など、貴重な財産をサイバー犯罪から守る一助になればと考えています。

今後、どんな場面で社会に貢献できそうか

2015年10月から配布されるマイナンバーや、2015年に起こった年金情報流出事故などで、エンドユーザーのセキュリティ対策の意識はますます高くなっています。
いろいろなVPNサービスやサポートサービスと連携し、ワンストップでセキュリティ対策を提供できるようにしていきます。

サービスの詳細はこちら

みまわり楽太郎 2012年2月サービス開始

社会に貢献していることについて

有害鳥獣による農作物被害額は約200億円。2008年度以降、このような数字で推移しています。
「農作物をイノシシやシカのために作っているようなもんだ!」と、農業をやめてしまう農家もあり社会問題となっているのも事実。有害鳥獣を捕獲する側にも、猟師の減少と高齢化という深刻な問題もあり、『みまわり楽太郎』はこのような現場の問題を軽減させるために役立っています。
2015年には40の自治体が導入してくださり、特に2014年度は過去2年の実績の2倍の伸びとなりました。とはいえ全体の実績はまだまだこれからという数字なので、さらなる社会貢献には努力が必要だと考えています。

今後、どんな場面で社会に貢献できそうか

『みまわり楽太郎』は鳥獣捕獲以外でも貢献しています。土砂災害の現場監視や、屋外の資材置き場の盗難監視にも既に役立っています。磁石センサーが外れると5ヶ所にメールが送られる仕組みですが、トリガーとなるセンサーを変えることでいろいろと活用シーンが増えるので、今後も積極的にサービスを成長させていきたいと思います。

Mail Luck! 2003年10月サービス開始

社会に貢献していることについて

Mail Luck!は、2003年に、メールに関するセキュリティ機能を備えたメールサーバーのアウトソーシングサービスとして提供を開始しました。
今やメールは個人から法人まで広く利用されていることから、既に当たり前の存在となっています。その一方で、ウイルスや改竄・盗聴といった外部脅威、宛先間違いや添付ファイルの付け間違いといった誤送信、または、メールを介した情報漏洩などの危険が存在しているのは言うまでもありません。そのような危険からお客さまを守り、安心してメールをご利用くださっていることに社会への貢献を感じております。

今後、どんな場面で社会に貢献できそうか

メールサービスの分野においてもクラウド化の波は訪れており、Microsoftをはじめとしたさまざまなクラウドベンダーがクラウド型メールサービスの提供を開始しています。
Mail Luck!は、「メールセキュリティの強化を図る法人向けメールサービス」として、時にはクラウド型メールサービスを提供し、時にはゲートウェイ型でセキュリティ補完し、お客さまのメールセキュリティに関するさまざまなユーザーからの要求を満たしていくことで社会に貢献していきます。

サービスの詳細はこちら

Biz-agora パッケージ 2011年5月サービス開始

社会に貢献していることについて

Biz-agoraシリーズのサービスは2011年に、「情シス部門もない、総務部の担当者が情シス業務を兼務されているような中小企業でも手軽に使えるクラウドサービスを」というコンセプトのもと、開発されました。ですので、NTTPCの他のサービスと異なり、お会いするお客さまは ITの知識が必ずしも十分でなかったり、あったとしても兼務状態で多忙なため、ご自身でコントロールパネルの使い方を覚えて設定してということができない環境のお客さまです。
そのようなお客さまにも、NTTPCのサービスをご利用して満足してくださっている様子を見ると、多少なりとも社会に貢献できていると感じて嬉しく思います。

今後、どんな場面で社会に貢献できそうか

クラウドサービスの利用が当たり前の世の中になりつつありますが、その一方で、使いこなせる企業、使いこなせない企業の差が拡大していっていると感じます。
このサービスは、サポート面を更に充実させ、どのような環境下のお客さまでもITサービス/クラウドサービスがご利用できるようにしていきたいと思います。

サービスの詳細はこちら

Master'sONE モバイルM2M 2013年2月サービス開始

社会に貢献していることについて

Master'sONE モバイルM2M は、急成長を続けるM2M(Machine to Machine)市場に特化したネットワークサービスとして販売を開始しました。
先日は、東京大学さまが導入してくださり、ティアンドデイ社さま製品「おんどとり」と組み合わせて、重要な文化や歴史をともいえる知的財産、20万冊の蔵書の一時保管先の温湿度監視にご利用くださっています。
今回、NTTPCからはSIMカードのみを提供していますが、この小さなカード一枚でも、世の中の役に立っているのは、とても喜ばしいことです。また今後はサービスの横展開も視野にいれ、営業していきたいと考えています。

今後、どんな場面で社会に貢献できそうか

温湿度センサーとの組み合わせの場合、スマートアグリ促進による六次産業の環境整備や、冷蔵・冷凍車の温湿度管理によるサービスレベル均質化、生産・加工現場の環境監視に効果が期待できます。
また、その他センサーや、Webアプリケーションとの組み合わせにより、公共インフラ、医療・介護、自動車など、各種業界をこっそり支える縁の下の力持ちになれると思います。

サービスの詳細はこちら

IP-Members 2006年7月サービス開始

社会に貢献していることについて

IP-Members は、診療報酬オンライン請求をトリガーに医療向けに特化したネットワークサービスとして販売を開始しました。
旧タイプ(SCタイプ)の販売開始後、お客さまはもちろん会社に対しても相当な苦労を掛けてしまった苦い経験があります。まるでヘルメット無しでアメフトをしているようなもので、怪我ばかりしていました。しかし2009年7月にCISCOのヘルメットを被ったSTタイプに衣替えし、安定したサービスが提供できるようになりました。
現在では業界特化型サービスとして医療業界で認知され、調剤薬局、クリニックなど、1万以上の医療機関にご利用いただけるようになり、フィールドゴール成功まで来ました。しかしまだタッチダウンが課題です。

今後、どんな場面で社会に貢献できそうか

医療情報ネットワークにおいては、強固なセキュリティが必須とされるため、色々な制約の中、ネットワークを構築、提供する必要があります。
医療情報を扱うためには、HISPRO(保健医療福祉情報安全管理適合性評価協会)の認定が必要となっており、現在、NASバックアップサービスの認定に向けて手続きを進めているところです。今後は、IP-Membersにオプションサービスを追加、付加価値を高めることでお客さまの満足度が高まり、医療サービスのコスト削減に繋がればと思います。

サービスの詳細はこちら

Security BOSS ゲートウェイ・セキュリティ運用監視サービス(GSS) 2007年4月サービス開始

社会に貢献していることについて

Security BOSSシリーズのサービスは2007年に、「セキュリティ対策をしたいものの、何をどうしたらよいか分からないような、セキュリティ専門の担当者を持たない(または持てない)中小企業に対し、情報システムセキュリティの全てを、非常に低価格でアウトソース出来るようにするマネジメント・サービス群」というコンセプトの元、開発されました。さまざまな変遷があり、今「全て」は提供出来ていませんが、生き残ったこのサービスによって、少なくとも、ITが全く分からないお客さまでも、難しいセキュリティ対策を意識することなく、安心してインターネットをお使いになれる環境を提供出来ていることを、とても嬉しく思っています。

今後、どんな場面で社会に貢献できそうか

NTT東西通機販路とBiz Boxビジネスを始めるにあたり、上に挙げたコンセプトから一歩踏み込んで、Security BOSSは「セキュリティを一般化する」ことを一つの目標に、これまでやってきました。
今後はさらに機能の追加やラインナップの整理、拡充を行って、セキュリティが分からない方たちでも、安心して安全にインターネットが使える環境を提供してゆきたいと思っています。

サービスの詳細はこちら

※Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※Salesforceは、セールスフォース・ドットコムの商標です。
※「BizBox」はNTT東日本・NTT西日本の商標または登録商標です。
※「Mail Luck!」、「Biz-agora」、「Master'sONE」、「IP-Members」「フィールド業務マネージャー」「MessageCare」および「Security BOSS」は、NTTPCコミュニケーションズの登録商標です。

page top